夫婦

自転車で違反をすると支払いを求められる罰金はいくら?(実際の例付で紹介)

警察庁は自転車の運転取り締まりについて、新たに14歳以上を対象に違反金制度を創設するよう動き始めました。 自転車で違反した際に支払いを求められる罰金は実際いくらになるかというと 100万円以下の罰金 飲酒運転 50万円以下の罰金 過労運転 5万円以下の…

ワイルドストロベリーの花が咲かないときの対処法とは?

以前、テレビ番組で 「ワイルドストロベリーを植えて実がなると結婚できる」 といった紹介がされていました。 しかしなかなか実がならない・花が咲かない などといったことがあります。 様々なケースが考えられますが、 概ね下記の対応で花が咲くようになっ…

もみじが枯れる前に復活させるために必要な4つの事とは?

もみじは基本的に室外管理で、日当たりと風通しを 好みます。日光の当たり過ぎは枯れる原因となります。 直射日光や西日を避け半日陰の場所が良いでしょう。 もみじは元来、水が好きなので、たっぷりと与えましょう。 夏場は日に2回多めに行い、冬場は2日に…

【保育園・幼稚園】油性ペンでの名前書きがもうにじまない裏技とは?

油性ペンで名前を書くときに、名前がにじんでしまわない ようにする一番簡単な方法は「水ににじまないと うたっている名前ペンを使うこと」です。 手芸屋さんなど、150円ほどで売られているので それを使って書くことが一番、単純かと思います。 ただ、それ…

3歳から保育園に入れるために専業主婦がするべき事とは?

お子さんを保育園にいれるためには その家庭のお子さんが保育園に入園する資格があるかを 選考され、審査を通る必要があります。 保育園の選考にはいくつかの指標をもとに 家庭状況をポイント化し 合計点数が判断基準となるシステムを導入しています。 まず…

3歳児のこだわりが強いのは当たり前!疲れず付き合う方法とは?

3歳頃に迎えるといわれている反抗期… 2歳のときのイヤイヤ期とは違い、言葉も達者になって いて、自分の主張をハッキリと伝えるようになります。 一番大切で、最も有効な対策は、ズバリ 「こだわりを受け入れること」です。 洋服や下着などの身に付けるも…

【3歳児】口に手を入れるのはどうして?なにかのサインなの?

3歳になっても、口に手をいれてしまう子どもは 意外と多いものです。なぜいれてしまうのか? まずは、口の中を良く見てあげてください。 乳歯が生えかけてきていませんか? 生えかけの歯があると歯茎がムズムズと痒くて、 ついつい手を入れてしまう場合があ…

孤食と個食の違いは?

近年、日本では孤食が社会問題化しています。 特に子どもや若者、高齢者に問題があると 言われています。 孤食と似た表現に個食というものがありますが、 それぞれの違いを説明していきます。 孤食 家族不在の中、一人で食事をすることを孤食と 言います。特…

選択的夫婦別姓に賛成する理由は?

近年日本では、選択的夫婦別姓が話題を集めています。 夫婦同姓については、民法で定められており、 最高裁判所においても、過去の事例で夫婦同姓は 合憲であるという判決が下されました。 男女共同参画社会を目指していく中で国会でも 度々、選択的夫婦別姓…

給料が出ないのに男性が育休を取得できる理由とは?

最近の調査で、育休を希望したにも関わらず取得できな かった労働者が実に31%もいたそうです。 育休の間は基本的に給料が出ないため、 働かざるを得ないと考える男性が多いのですね。 一方で、育休を取得できている男性がいるのは なぜでしょうか? それは、…

夫婦別姓への道が険しい日本…同姓にこだわるわけとは?

結婚するとどちらか一方の名字を名乗るのが、一般的 な今の日本。 国も、1996年から何度も夫婦別姓について、 議論を重ねています。 しかし、未だに制度としては整備されていません。 いったいなぜ、日本はこんなにも夫婦同姓について こだわり続けているの…

【悲報】児童手当見直しで減額!廃止の可能性もあるのか?

今、児童手当の制度の見直しが検討されています。 特に、 ①現在、所得制限を超える場合、月額5000円を支給として いる「特別給付」を、早くて来年度中に廃止する。 ②支給額を算定する基準を、世帯で最も収入がある人と していたのが、世帯全体の収入を合算し…

【保育園】なぜ急な閉園は起こるのか?その理由とは

保育園の突然の閉園が話題になっています。 保活を乗り越え無事に入園することができ、このまま 卒園までと安心していた矢先、「来週で閉園です」とい う急な通達。 まさしくお先真っ暗ですよね。 子どもを保育園に預けている私としても、想像するだけ でめ…

出産費用でかかった医療費控除のやり方とは?併せて知りたい支援制度の事

出産費用について公益社団法人 国民健康保険中央会が 公表した平成24年度から平成28年度のデータによる と、例年全国平均が50万円前後のようです。 これは出産地域や母子の健康状態などによっては更に 個別差があります。 しかし、出産の費用には一般…

出産後の妻を産後うつにさせない!夫の理想なサポートとは?

産後のママには、パパが一番の理解者であり協力者で あることが理想です! 生まれた赤ちゃんのことももちろんですが、同じくらい もしくはそれ以上に妻のことを思いやり、体調やメン タルにそっと寄り添ってくれる、そんなフォローが とても大切です。 ここ…