孤食と個食の違いは?

スポンサードリンク

近年、日本では孤食が社会問題化しています。

特に子どもや若者、高齢者に問題があると

言われています。

 

孤食と似た表現に個食というものがありますが、

それぞれの違いを説明していきます。

 

孤食

家族不在の中、一人で食事をすることを孤食

言います。特に食事の際に孤独を感じる寂しい

食事のことを言います。

 

孤食が進むと自分が好きなものばかり食べる傾向

になり、栄養の偏りが起こります。

 

また、コミュニケーションが不足するため、

社会性や協調性のない人間に育ってしまう

可能性があります。

 

個食

家族と同棲しているものの、各々が自分の好きな

ものを食べることを個食と言います。

好きなものだけを食べるので栄養が偏ってしまいます。

 

このように、孤食と個食の大きな違いは、食事の

時間に家族がいるかいないかという点です。

 

 

孤食の問題点は?

 

f:id:shinchaso0226:20210107094516j:plain

 

近年、特に子ども、若者、高齢者の孤食が社会問題と

なっています。

 

子どもの孤食は好きなものばかりを食べてしまうこと

で栄養の偏りが起こり、肥満などの原因になります。

 

さらに、家族とのコミュニケーションが欠如するので

社会性や協調性の育成が行われないことや、情緒不安定

になり心の病気を患う可能性があります。

 

寂しいという感情を抱えながら食事をすることで、

心身の発達に影響を与え、イライラすることが多く

なるとされています。

 

若者の孤食の問題点は、友人等とのコミュニケーション

不足や社会性・協調性の欠如等が挙げられます。

高齢者の場合は、介護問題やQOL等の問題があります。

 

夫婦共働き家庭の増加やライフスタイルの多様化、

冷凍食品等の調理技術発達、中食やデリバリーの

発達が原因で、年々孤食人口は増加傾向にあります。

 

特に2020年は新型コロナウイルス感染症の流行により、

外出の機会が減り、孤食の問題が顕著化しています。

 

 

孤食の問題点の解決策は?

 

f:id:shinchaso0226:20210107094524j:plain

 

近年、社会問題となっている孤食について、

解決策をご紹介していきます。

 

子どもの孤食問題の解決策としては、家族で一緒に

食事をする機会を増やすことが必要です。

 

孤食によって、好きなものばかり食べてしまうことが

問題視されているので、親が栄養を考慮した食事を

用意し、子どもと一緒に食事をする機会を多くとる

ことで子どもの孤食の問題は解決できます。

 

また、よく噛んで食べる等の食育も行っていく

ことが大事になります。

 

それによって、子どもの栄養の偏りを防ぐことが

できます。また、家族とコミュニケーションをとる

ことで、社会性や協調性の育成や心身の発達を促進

することができます。

 

若者や高齢者の孤食問題の解決策については、

友人や家族と食事をする機会を作るという

ことが挙げられます。

 

コミュニケーションを活性化することで、ストレス

の解消やメンタル面に好影響を及ぼすことが可能です。

 

地域のコミュニティに参加することや、会社の同僚と

コミュニケーションをとることも解決策に繋がります。

 

また、孤食の場合、好きなものばかりを食べてしまい、

栄養の偏りが起こります。

そのため、意識的に栄養バランスを考えた食事をとる

ことが必要になります。

 

孤食生活習慣病の原因にもなるので、定期的に運動

する機会を設ける等の対策も重要になります。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210107094538j:plain

 

夫婦共働き家庭の増加やライフスタイルの多様化、

冷凍食品等の調理技術発達、中食やデリバリーの

発達が原因で、近年孤食人口は増加傾向にあります。

 

さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、

孤食の問題はさらに顕著化しています。

 

孤食と似た表現の個食という言葉がありますが、

大きな違いは、家族等と一緒に食事をするか一人

で食事をするかという点です。

 

個食の問題点は、好きなものばかりを食べてしまう

ため、栄養の偏りが起こる点です。

 

また、コミュニケーションが不足するので、社会性や

協調性の育成が行われないことや、情緒不安定になり

心の病気を患う可能性もあります。

 

子どもの孤食問題に対しては、親が意識的に家族で

食事をする機会を作る等の対応が必要です。

 

また、若者や高齢者については、栄養バランスを意識

して食事を選択することや、積極的に友人等と食事を

とるという解決策があります。

 

また、孤食生活習慣病の原因にもなるので、

定期的な運動等も取り入れる必要があります。