給料が出ないのに男性が育休を取得できる理由とは?

スポンサードリンク

 

最近の調査で、育休を希望したにも関わらず取得できな

かった労働者が実に31%もいたそうです。

 

育休の間は基本的に給料が出ないため、

働かざるを得ないと考える男性が多いのですね。

 

一方で、育休を取得できている男性がいるのは

なぜでしょうか?

 

それは、育児休業給付金というものがあるからです。

 

この育児休業給付金について、詳しく解説していきます。

 

 

育児休業給付金とは?

 

f:id:shinchaso0226:20201202094257j:plain

 

「育休手当」という言葉を聞いたことがありませんか?

実は育休手当とは、育児休業給付金のことなのです。

 

育児休業給付金は、雇用保険から支払われる手当です。

育休開始から6ヶ月はおよそ月給の67%、

以降は月給の50%の金額をもらうことができます。

 

こういった手当は正社員限定のように感じる方もいるか

もしれませんが、雇用保険さえついていればアルバイト

でももらうことができます。

 

さらに言ってしまうと、受給の手続きが難しそうな

イメージはありませんか?

 

実は、育児休業給付金は原則、事業主が代わりに支給の

申請を行います。

 

もちろん、自分で受給手続きを行うこともできます。

 

申請自体は事業主が行ってくれますが、

母子手帳など「育児を行っている証拠」となる書類は

必要になります。

 

育児休業給付金はどれくらいの期間もらえるのでしょうか。

 

育児休業開始日は、配偶者の出産した日の当日です。

 

そこから、原則として育てている子供の1歳の誕生日の

前々日までとなっています。

 

約1年の間もらえる育児休業給付金ですが、

それでも少し足りないと感じる人もいるかもしれません。

 

実は、育児休業期間中に仕事をしても育児休業給付金が

支払われます。

 

ただし、給料が育児休業給付金支給額の13%を超えると

80%減額され、給料が支払額の80%を超え、かつ10日

間以上働くと支払われなくなってしまいます。

 

「少しでも収入を保ちたい」という人であれば、

育児休業給付金が満額支払われるギリギリまで働くのも

選択肢のひとつとして考えてみると良いと思います。

 

 

まだまだ育休取得率は低い

 

f:id:shinchaso0226:20201202094324j:plain

 

世間的にも、男性が育休を取ることは難しいと考える

人が多いです。

 

理由はいくつかありますが、

やはり収入面での不安も大きいでしょう。

 

男性女性を合わせた調査では、

育休が取得できなかった理由の26%は「収入が減る」

からとなっていました。

 

これは、育児休業給付金そのものを知らない人が多い

ことも影響しているでしょう。

 

男性正社員に対して行われた育休制度の認知状況を調

査した内容によると、育児休業給付金について

「知らない」と答えた人が約70%となっていました。

 

最初の半年は給料の67%も支払われるわけですから、

育児休業給付金の存在を知っていたら育休が取れた人も

いるかもしれません。

 

こういった便利な仕組みがあっても、知らなければ使え

ません。実際、育休関連の制度について、女性よりも男

性のほうが認知度が低いという調査結果があります。

 

男性も、育休について配偶者ともっと相談をしても

良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201202094424j:plain

 

会社から給料が出ず収入が減ってしまうという理由で

育休が取れない人もいます。

 

育児休業給付金を使えば、給料の50%~67%が支払われます。

 

そもそも育児休業給付金の存在を知らない男性も多いです。

 

この制度を利用すれば金銭面の不安が減るのではないでしょうか?

 

雇用保険さえついていればよいので、パート・アルバイ

トの人でも育児休業給付金はもらえます。

 

実際にどれくらいの金額がもらえるのか知りたい人も多い

と思います。

 

もらえる金額を計算してくれるサイトがあるので、

一度確認してみると良いでしょう。

 

収入面で育休を諦めている人も、

育児休業給付金の活用を考えてみてはいかがでしょうか。