筍についている白い物体(チロシン)はなに?たべれる?

タケノコの水煮についている白い物体は、

カビや食中毒につながるような危険なものではなく

チロシン』というものです。

 

もちろん、もともとタケノコに含まれている栄養素

であるため食べても害はありません。

 

チロシンが製造過程で水に溶け出し、そして再度

結晶化したことで白く、かたまりとなって

タケノコの中に残ったものになります。

 

 

チロシンとはなに?

f:id:shinchaso0226:20210305144628j:plain



 

チロシンはタケノコの中にふくまれる

成分のひとつで非必須アミノ酸の一種です。

 

タケノコに含まれている栄養のひとつのため

異物混入したものであったり、有毒なもの

というわけではありません。

 

生の状態のタケノコを茹でることで、

チロシンがタケノコから出てきてしまいます。

 

この時はお湯に溶け出しているため

チロシンが私たちの目に見えることはありません。

 

さらにこれを水で冷ますことで、チロシン

結晶となって白くかたまり目に見えるような

固体になります。

 

タケノコの外側で染み出たチロシンは、

製造過程のお湯に溶けだしたのちにそのお湯は捨てられます。

 

ですが、タケノコの内部に染み出たチロシンは、

なかに留まったまま冷めて結晶化し、そのまま固体として残ります。

 

これが、水煮のタケノコを割ったときに

白いかたまりが出てきてしまう理由です。

 

このような経緯で残ってしまうチロシンですが、

コレのことをアクやえぐみ成分の原因源だと

思っている人も少なからずいるようです。

 

ですが、チロシンとは

意外とすごい成分だったりします。

 

先ほどお伝えしたとおり、チロシンとは

アミノ酸の一種ですが、実はサプリメントとしても

扱われている栄養素なんです!

 

みなさんも、学校やお仕事、家事などで

慌ただしくなってしまったときに

 

「疲れていたり、やる気が出ない」

「集中力が低下ぎみ・・・」

 

などというときはありませんか?

 

はっきりと断言することはできませんが

こういったときはドーパミン

アドレナリンが不足しいてることが

ひとつの原因だとも言われています。

 

そして、不足したドーパミンやアドレナリンを

生成する原料となる栄養素のひとつが

チロシンだということが分かっているそうです。

 

タケノコでやる気がアップできるなんて

なんとなく見た目ではピンとこないですよね。

 

 

変色しているのはなぜ?食べられる?

 

f:id:shinchaso0226:20210305144647j:plain

 

タケノコの水煮には一部、赤や茶色く変色して

しまっている場合があり不安になるときがあります。

 

「ちゃんと保管していたのに、なぜだろう」

「ダメになってしまったの?食べられるの?」

 

と、いろいろ考えてしまいますよね。

 

ですが、これらの変色は腐ってダメになったのではなく

成分の変化の一種なので安心してください。

 

赤や茶色くなっている場合は、

これもタケノコにふくまれている成分の

ひとつで『アントシアニン』が作用しています。

 

アントシアニンには空気にふれたりして、

酸化すると赤や茶色く変色してしまう性質があります。

 

もしもタケノコが赤や茶色く変色してしまって

いるとしたらそれはその部分が製造の過程で

酸化してしまったのが原因だと思います。

 

また、黒く変色してしまっている場合には

おなじく製造過程でつかったあく抜き用の『重曹

によって黒くなってしまった、ということが考えられます。

 

あく抜きの際に重曹を使うことがあります

適量をあく抜きする分には問題ありません。

 

ですが重曹を入れすぎた状態であく抜きすると

タケノコが変色してしまうことがあります。

 

それが、黒くなってしまう理由です。

 

変色する理由を2パターン挙げましたが、

どちらの場合も食べることができるので

「捨てなくちゃいけないかな・・・」と

心配する必要はありません。

 

安心してください。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210305144701j:plain

 

スーパーなどの時短コーナーなどで

売られているタケノコ。

 

収穫時によく見かける、三角のかたまりのまま

真空パックされているタケノコの水煮を

みなさんも見かけることがあるのではないでしょうか。

 

すでに下処理ずみなので皮をむいたり、あく抜きする

手間が省かれており、すぐ料理に使えて便利ですよね。

 

私も煮物など作るときによく買って使っています。

 

調理のときに、かたまりの筍を食べやすい大きさに

切ると中から白いかたまりが出てきますが、そのかたま

りがチロシンというものでタケノコにふくまれている

栄養素のひとつでした。

 

栄養価もあり、食べても問題のないものです。

 

 

 

ですが、やはり食べるときに口の中で異物感が残ってし

まったりと口当たりが悪くなってしまいます。

 

気になる人は、タケノコを割ってから、中をかんたんに

水洗いしてチロシンを取り除くことをオススメします。

 

タケノコの触感だけを楽しめるとともに

煮物の時などは煮汁が白く濁ってしまうことも防げて

チロシンがついたまま調理したものよりも見栄えもよくなります。

 

また、タケノコの色が一部変わっていることの

原因と詳細もお伝えしました。

 

どれも栄養素が作用してしまっていたり、あく抜きの

時に変色してしまっただけでチロシンと同様に

食べても人体に影響はありません。

 

安心して調理して食べてください。

 

ですが、酸っぱいにおいがしたり、タケノコにぬめりが

あるときはタケノコが悪くなっている可能性があります。

 

見分け方は特別難しくものではなく、他の野菜が腐敗

してしまった時のように変なにおいなどしてくるときは

「食べるのはキケンかもしれない」と思ってもらえれば

そこまで警戒する必要はありません。

 

賞味期限とは、未開封の状態で正しく保存した場合に

美味しく食べられる期限のことです。

 

一度買うと日持ちができるところも水煮の扱いやすい

ポイントですが正しく保管することと、一度開封して

しまったら残っても早く使い切ること

 

そして、味期限以内に使い切るようにしてください。