【保育園・幼稚園】油性ペンでの名前書きがもうにじまない裏技とは?

スポンサードリンク

油性ペンで名前を書くときに、名前がにじんでしまわない

ようにする一番簡単な方法は「水ににじまないと

うたっている名前ペンを使うこと」です。

 

手芸屋さんなど、150円ほどで売られているので

それを使って書くことが一番、単純かと思います。

 

ただ、それでもにじんでしまう場合にプラスアルファで

ひと手間つけ足しするとしたら次に簡単なのは

「書き込む布やタグを霧吹きなどで湿らせておく」ことです。

 

これは濡らすことで書く面が水分を含み

油性ペンの油分が水を弾いて

にじみにくくなるという仕組みです。

 

ただ、べちょべちょに濡れている状態だとかえって

書きづらくなってしまうので、洗濯後の干す前の状態や

霧吹きなどで少し湿らせたくらいにしてください。

 

 

他にも便利な名前書き(付け)の裏技

 

f:id:shinchaso0226:20210312094920j:plain

 

ほかにも小さなひと手間でグッとにじむことを

防ぐ方法がいくつかあります。

 

どれも共通して言えることは、タグや布の繊維のなかに

油性ペンのインクが染み込んで広がらないように

「防止剤を塗布、もしくはコーティングする」ということです。

 

 

・スティックのりを塗り、乾かしてから油性ペンで名前を書く

 

のりはのりでも、封筒を閉じるときや紙を貼り付けるときに

使う、文房具のスティック糊のことです。

 

書きたい部分にスティックのりを塗って

乾いた状態になったら名前を書きます。

塗って乾くまで時間がかかりますが

どこの家庭にもある場合が多く、手軽にできる手段のひとつです。

 

ただ、洗濯するとのりが溶けて落ちやすくなるため

布とのりの相性によっては

名前の持ちあまり良くない場合があります。

 

 

・ヘアスプレー/防水スプレーをかけてから名前を書く

 

この二つはイメージしやすいのではないでしょうか。

どちらも役割としては同じで、コーティングすることで

油性ペンのインクを弾いてにじみにくくなるということです。

 

ちなみにヘアスプレーは、トリートメント系ではなく

髪を固めるときなどに使うヘアスプレーのことです。

 

具体的にいうと「コポリマー」という成分が入っていることで

油性ペンのにじみを防ぐ働きをするので成分が含まれていない

ものの効果はあまり期待できないかと思われます。

 

防水スプレーを下塗りした場合も、名前のとおり

水をはじく効果があるので、先ほどのスティックのりよりは

洗濯しても落ちにくくなり名前部分が長持ちします。

 

ただし洗濯でにじんだり、落ちやすくなってしまう

可能性があるのでしっかりと乾かしていない状態で書いたり

スプレーを厚めに塗ってしまわないように注意してください。

 

 

・ボディーソープを塗り、乾かしてから名前を書く

・チョークで下書きをしてから名前を書く

 

すこし扱いづらい裏技ですが、方法のひとつとして

こちらもご紹介したいと思います。

 

ボディーソープでのやり方はヘアスプレーと同じで

薄くボディーソープを名前を書く面に塗り

よく乾かしてから油性ペンで名前を書くという方法です。

 

塗る量は薄く、でいいのですが

スプレーなどよりは乾くまでに時間がかかるので

名前を書く予定の前日のうちに塗って乾かしておく

準備をしておいたほうがスムーズかも知れません。

 

チョークというのは黒板などに使うあのチョークです。

最近ではリビングの一部壁紙を黒板風にする方もいるので

ご家庭によっては持っている場合もあるかと思います。

 

こちらは、名前を下書きするようにチョークで書いてから

油性ペンで書くという方法になります。

 

チョークの場合、コーティングというよりは

書きたい布の繊維の隙間をチョークの粉で埋めるという

イメージで使うことにより、にじみを防いでくれます。

 

ただしマグカップ入れや体操着など口や肌に触れるものに

チョークの粉がついてしまうのは

少し気が引けてしまうお母さんもいらっしゃると思います。

 

上履きなど、かぶれたりしないような物に対して

使うといい方法だと思います。

 

 

あったら便利!保育園・幼稚園準備グッズとは

 

f:id:shinchaso0226:20210312094907j:plain

 

ひとくちに名前書き・名前つけといっても

上履きの内側など場所によっては書きづらかったり

クレヨンなど小さくて書けないものもあると思います。

 

名前を手書きする以外にも名前つけの方法がありますので

あわせてご紹介します。

 

・お名前シール(布・テプラなど)

・お名前フロッキー

・お名前キーホルダー

・お名前スタンプ

 

お名前シールは布製でアイロンプリントできるものから

防水ラミネート加工されたものや

水につよいインクで印字されたものもあります。

 

これらは手芸屋さんでも手に入り、好きな柄で作れますが

ネットショップなどで大量発注出来ますので

その方が買いに行く手間も省けて便利です。

 

最近ではテプラを購入してご家庭でシールを作れる環境の方も

いると思うので、それを利用するのも手だと思います。

 

またお名前シールと似てますが、アイロンで貼り付けできる

フロッキープリントもあります。

洋服など布地に限られますが、アイロンさえあれば

簡単に貼り付けることができ洗濯にも強く安心です。

 

一方、園内以外でも使うものやお下がりで使いまわす予定など

名前を直接書きたくないものには

付け外しができるタグやキーホルダーにするのもアリです。

 

紙おむつなど、使い捨てのものへ書く場合は

お名前スタンプも便利です。

お名前シール同様、ネットショップで買えます。

 

スタンプは安いものだと1,500円くらいから購入でき

複数サイズのものまで揃えると5,000円くらいなど

ピンキリではありますが、一度買ってしまえば

あとはインクを買い足すくらいで半永久的に使えます。

 

ワンアクションで完結できるため

手軽であとは乾かせばOKというのも魅力的です。

 

 

まとめ

f:id:shinchaso0226:20210312094853j:plain



 

大人になって名前のついた用品を見返してみると

ひとつひとつにお母さんの愛情を感じますよね。

私も実際にそう思って捨てられないポーチがあります。

 

ですが当時のお母さんはきっとただただ大変で

それでもキレイに書いてあげないと、と

かなり手を焼いたのだろうなとも思います。

 

現代はこうして裏技を調べることで少しでも

名前書きが楽にできるようになっていたら嬉しいです。

 

今回お伝えした方法はどれも効果はありますが

いろいろ試してみてあなたに

合った方法を見つけ出してみてください。

 

最後になりますが名前が落ちてしまうリスクを減らせる

「ひと手間」がもう1つあります。

 

それは「ドライヤーの熱をつかって乾かすこと」です。

 

例えばヘアスプレーを塗布した後にドライヤーで

乾かしてから油性ペンで名前を書き、

再度ドライヤーで乾かすようにします。

 

このひと手間で(行程的にはふた手間になりましたが)

それぞれをしっかり乾かし、成分に残っている水分を

完全に蒸発させることができ、落ちにくくなります。

 

数個のために行うのは大変ですが、入園前の準備などで

まとめて書く際はそこまで手間ではないと思います。

 

なにより、にじんでしまって捨てることになったり

上から名前タグを張り直すといった

手間だけではなく、コストがかかってしまう

リスクも減らせるので試してみてはいかがでしょうか。

 

ただし当たり前ですが、熱で乾かすからといって

冬場にファンヒーターやストーブをつかって乾かすのは

引火の危険もありますので避けてください。