【1分でわかる!】皮ごとりんごを食べたい時の農薬の落とし方

スポンサードリンク

 

野菜やフルーツなどは皮の部分が

一番栄養素があることが知られています。

 

皮ごとりんごを食べることができますが、

残留農薬が気になりますよね。

 

しかし、りんごの皮に残っている

残留農薬は水洗いすることで

ほとんど落とすことができます。

 

また、りんごの皮に残っている農薬は

人体にさほどの影響を及ぼさないことも

わかっています。

 

この記事では皮ごとりんごを食べたいときの

農薬の落とし方についてご紹介していきます。

 

 

りんごの表面のテカテカはワックスじゃないの?

 

f:id:shinchaso0226:20210330115949j:plain

 

りんごの皮や野菜・フルーツの皮は

栄養素がたくさん含まれています。

 

なので、りんごを食べる時には

皮ごと食べることがおすすめです。

 

りんごの皮にはプロシアニジンと呼ばれる

栄養素が豊富に含まれています。

 

この栄養素は強い抗酸化作用があり、

血流改善や中性脂肪コレステロール

下げたりする効果があります。

 

しかし、中にはりんごの皮に付着している

残留農薬が気になる方もいるかと思います。

 

さらにスーパーなどに売っているりんごは

表面がテカテカしていて、

触るとヌメっとべたっとしますよね。

 

そのため、皮ごとりんごを食べることを

躊躇してしまう方が多くいます。

 

このりんごの表面のヌメヌメ・ベタベタは

りんご自身が出す天然のロウ物質なんです。

 

りんごは熟してくると、リノール酸

オレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加します。

 

この脂肪酸は、りんごの皮に含まれている

ロウ物質を溶かすため、

りんごの表面がテカテカ・ヌメヌメ

しているわけです。

 

また、りんごがテカテカしているのは「油あがり」

と呼ばれる現象のせいです。

 

この油あがりが起きているりんごは

しっかりと熟していて、食べごろと言えます。

 

そのため、表面に農薬がたくさん

残っていてヌメヌメ・ベタベタしている

わけではないので、皮ごとりんごを食べても

人体に悪影響はありません。

 

りんごのテカテカが気になる場合や、

残留農薬が気になる場合には、

水で洗うことで、しっかりと落とすことが

できます。

 

りんごの皮に付着している農薬は

水溶性の農薬であるため、

水で洗い流すことで簡単に落とせます。

 

小さなお子さんに食べさせるときなど、

手洗いだけでは心配な時もあります。

 

そんな時には、柔らかいスポンジで

軽くこすって表面を洗い流せば

問題ありません。

 

また国産のりんごは農薬の基準がかなり厳しく、

残留農薬基準は世界一とも言われています。

 

そのため、基本的には洗わずとも食べる事が可能です。

 

しかし、外国産のりんごはそういうわけにも

いきません。

 

外国産のりんごは残留農薬の基準が

日本よりも緩く設定されています。

 

さらに収穫後にも、害虫を寄せ付けないために

農薬を使うことが許されています。

 

収穫後の農薬使用は、日本国内のりんごは

認められていません。

 

そのため、外国産のりんごは残留農薬

とても多いことが考えられます。

 

外国産のりんごを食べる場合には、

念のために皮を剥くか、

野菜やフルーツを洗うことができる

洗剤などを使って皮を洗うことを

おすすめします。

 

保育園の給食などで使われているのが、

「すっきり洗菜ベジシャワー」という洗剤です。

 

この洗剤を使用すれば、野菜やフルーツに

付着している農薬を安全に手っ取り早く

取り除くことができます。

 

また、お湯に軽く通すことでも

農薬を落とすことができます。

 

沸騰したお湯にりんごを15秒程度

入れたのちに、流水で流すだけです。

 

どちらも簡単に農薬を洗い落とすことが

できます。

 

 

もし農薬が残ってしまったりんごを食べてしまったら…

 

f:id:shinchaso0226:20210330115957j:plain

 

農薬が残っている国産りんごを食べてしまっても、

基本的には問題ありません。

 

残留農薬が人体に影響を及ぼす量としては、

体重50kgの人が毎日40kgのりんごを皮ごと

食べない限り、影響は出ません。

 

そのため国産りんごは洗わずに食べても

問題がないフルーツなんです。

 

一日に食べるりんごの量は

せいぜい2〜3個程度かと思います。

 

なので、残留農薬が付着している

りんごを皮ごと食べても人体に悪影響は

ありません。

 

もし万が一残留農薬が大量に付着している

りんごが販売されていたら、それは

販売しているメーカーの責任になり得ます。

 

そもそも残留農薬が一定基準以上付着している

場合には、出荷ができないためです。

 

基本的にはスーパーに置かれている

国産りんごは厳しい基準をクリアして

人体に影響のないものが売られているため、

安心して食べることができます。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210330120005j:plain

 

この記事では皮ごとりんごを食べたい時の

農薬の落とし方や残留農薬が付着している

りんごを皮ごと食べてしまった時に

ついてご紹介をしました。

 

野菜やフルーツは皮に一番栄養素が

含まれているので、できることなら

皮ごと食べたいですよね。

 

またりんごを皮ごと食べる方法として

筆者のおすすめは「丸ごと焼きりんご」

です。

 

スプーンでりんごの芯をくり抜いて、

破裂防止のためにりんごの皮に

数カ所穴を開けておきます。

 

くり抜いた芯の部分に

シナモンパウダー、レーズン、

バターを詰め込んで、

オーブンで20分焼きます。

 

20分後にはとろける柔らかさの

りんごを皮ごと食べることができます。

 

ぜひ試してみてください。