わが子に教わる”おやこ”の関係

日々の生活に役立つ情報をご紹介します

きな粉牛乳は太る?きな粉牛乳がダイエットに最適と言われているのは嘘?

スポンサードリンク

きな粉牛乳は、飲む量、飲むタイミングを間違えなければ太りません。

 

むしろタイミング次第では食事の量を減らすことができてダイエットに最適と言われています。

 

オススメのタイミングは食事前に飲むことです。

 

食事の、できれば30分前までに飲んでおくことで、食事を食べるころにはある程度おなかが膨れ、脳が満腹感を得始めます。

 

そうすることで実際に食事として、食べる量を少なく済ませることができるのです。

 

また、きな粉には食物繊維が多く含まれており、摂取することによって便秘が解消され、朝のお通じが良くなることも期待できます。

 

これらから、おなかまわりのサイズダウンが見込めることもあり、ダイエットに最適なのです。

 

この記事では、きな粉牛乳によるダイエット、バストアップなど様々な嬉しい効能を紹介していきます。

 

 

きな粉牛乳がダイエットに良いと言われる理由

 

f:id:shinchaso0226:20210406171215j:plain

 

きな粉牛乳がダイエットにいい理由は先ほどお伝えした、食事量をセーブできるほかにも下記のようなことからと言われています。

 

  • きな粉に食物繊維が豊富なので便秘の改善になる。
  • きな粉にサポニンが含まれ、新陳代謝を上げるはたらきをするため脂肪の燃焼につながりやすい。
  • 牛乳ときな粉両方から豊富なたんぱく質と適度な糖質、カルシウムを得られ簡易的なプロテインの代替にもなる。

 

 きな粉は大豆を丸ごと炒って粉にしたものです。

 

主な成分は、タンパク質、炭水化物、脂質でイソフラボンサポニン、食物繊維も豊富です。

 

きな粉を摂取することで食物繊維によって老廃物の排出と、サポニンたんぱく質によって脂肪燃焼、といった、2方面からダイエットへとアプローチしていくことができるのです。

 

さらに牛乳に混ぜることで、ヨーグルトやバナナなどよりも満腹感が得やすくその後のごはんを食べる量をセーブできます。

 

また皆さんもご存じのとおり、牛乳にはカルシウムや動物性脂質、タンパク質、炭水化物のほかにミネラル、ビタミンが含まれています。

 

これらも一緒に摂取することが出来るので栄養バランスを見ても好ましい飲み物なのです。

  

きな粉牛乳ダイエットの方法 美しく痩せる!牛乳ダイエットとは?

 

きな粉と牛乳を一緒に摂ることで相乗効果が得られるわけなので、もちろん牛乳単体でも飲み続けることでもダイエット効果は得られます。

 

牛乳ダイエットの飲み方は簡単で、ただ牛乳をそのまま飲めばOKです。

 

牛乳に含まれる代表的な栄養素のカルシウムには脂肪の分解を促す作用が含まれていると言われています。

 

そのため毎日継続して摂取することで脂肪が溜まりにくい身体に近づけます。

 

またきな粉同様にたんぱく質が豊富なので筋肉を生成するもととなります。

 

筋トレなどで筋肉を増やし、その筋肉をつかって運動することで筋肉量が増える前よりも代謝があがり、脂肪燃焼へとつながります。

 

牛乳が冷えすぎていると身体を冷やしたり代謝が下がる原因なので常温くらいにするかホットミルクにすることでより牛乳の栄養を吸収しやすくなります。

 

もし冷えている牛乳を温めることが面倒な場合は口にふくんでから20~30回くらい噛んでみてください。

 

噛むことで牛乳がすこし温まって身体への負担を和らげることが出来ます。

  

きな粉牛乳を飲むベストな量とタイミング

  

1日の摂取目安は、1杯程度です。

 

のちほどご紹介しますが、きな粉牛乳は高たんぱくなどのためカロリーが高く

また、きな粉の一日の摂取量にも限度があります。

 

きな粉牛乳の摂取カロリー・栄養素とそれ以外での摂取カロリー、消費カロリー、摂る栄養素を考えて飲む杯数を決める分には問題ありませんが、やみ雲に何度も飲むことはオススメできません。

 

飲むタイミングは、これから活動を開始する朝食前か、あとは寝るだけなのでカロリー摂取量をなるべく控えたい夕食前が効果的と言われています。

 

お昼に飲んではいけないというわけではありません。

 

ですが一日の活動が始まる朝飲むよりも活動による燃焼効果が少なくなってしまうため、オススメのタイミングとは言えないようです。

 

また、夜に牛乳を飲むと太りやすくなってしまうのではないか?

と思う方も多いと思います。

 

結論から言うと、「飲み方に気を付ければ問題ない」です。

 

もちろん、牛乳は飲み物の中でもカロリーが高い方です。

 

コップ1杯程度でしたら消化しきれず、脂肪になってしまうというリスクは低いので、飲んでも問題ないと言われています。

 

ただし毎晩寝る前に飲むと、体質によっては脂肪として蓄積されてしまう可能性もあります。

 

たまになら問題ありませんが、寝る前に継続して飲むことは避けた方がよさそうです。

 

また、牛乳には糖質が多く含まれていますので、夜飲んだ際は虫歯にならないよう、歯磨きを忘れないようにしてください。

 

 

どれくらい実践すると効果が出るのか?

 

f:id:shinchaso0226:20210406171549j:plain

 

いざ始めたくても、効果がなかなか現れないとモチベーションが下がってしまいますよね。

 

しかし残念ながらきな粉牛乳を飲み始めて、1週間など短期での目に見える効果は出にくいかと思います。

 

確かにお通じには、比較的はやく効果が感じられると思います。

 

ですが脂肪や体つきについては飲むだけで効果がでるわけでは無いので、継続的に飲み続けることが必要になります。

 

脂肪がつくよりも脂肪を落とす方が時間はかかりますので、ひと月以上は続けたほうが効果がわかりやすいです。

 

 

きな粉牛乳ダイエットの口コミ

 

 

参考程度ですが、ネットで見つけた口コミをご紹介します

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット以外にもたくさんある!きな粉牛乳のうれしい効果

 

 

きな粉牛乳が美用やダイエットに最適な理由は

 

  • お通じが良くなる
  • 抗酸化作用で美肌効果もある
  • バストアップ効果

 

があると言われています、1つずつ解説していきますね。

 

お通じが良くなる

牛乳にはラクトースと呼ばれる乳糖が、きな粉には大豆オリゴ糖が含まれています。

 

これらは腸内で分解され玉菌を増やすほか、腸のぜん動の動きを活発にさせることができます。

 さらにラクトースの作用で便が柔らかくなりより腸内環境を良くする効果があります。

 

また、きな粉に多く含まれている食物繊維が便の量を増やしてスムーズな排便リズムの回復を見込むことができます。

 

便秘は腸内で有害物質が生成されてしまい様々な体調不良を引き起こす原因となります。

  

抗酸化作用で美肌効果も

人間の酸化と言うのは、老化の事です。

 

老化が進むとシミやしわ、お肌のハリ不足など、嫌な症状が出てきますのでなるべく抑えたいですよね。

 

そんな酸化に高い効果が期待できるのが、きな粉に含まれている大豆サポニンイソフラボンです。

 

酸化が進む原因の、活性酵素の発生やその働きの抑制効果があり、肌の老化(シミやしわ等)を緩やかにしてくれます。

 

また、美肌に重要なコラーゲン生成や代謝低下に伴う、肌のたるみ・くすみには牛乳から摂れる豊富なたんぱく質が効果を発揮してくれます。

 

バストアップ効果

抗酸化作用の抑制にも効果が高いイソフラボンですが、その効能の1つに女性ホルモンのエストロゲンと言う、乳腺の発達に重要な働きをしてくれるホルモンと同じ働きをする事がわかっています。

 

牛乳の主成分である、良質なたんぱく質、ビタミンAと一緒に摂取することでバストアップへの効果が期待できるのです!

 

個人差はありますが、飲み始めて2週間程度で生理前と似た胸のハリを感じるようになる人や、最終的に2サイズのバストアップに成功した人もいるそうです。

  

きな粉牛乳の作り方

  

きな粉牛乳の作り方は簡単です。

牛乳200mlときな粉10gを混ぜれば完成します。

 

この量でおよそ150キロカロリーです。

 

ご飯で換算すると、コンビニで売られている具なしの小さい白おにぎり1個とほぼ同じくらいのカロリーです。

 

ただし、これははちみつや砂糖など甘未を追加しなかったきな粉牛乳の場合です。

 

きな粉と牛乳だけだと飲みづらい場合は、はちみつなど足しても問題ありませんが、その分、糖質とカロリーが増えます。

 

ですが朝ごはんに食べる厚切りのバタートーストは

1枚で300キロカロリーを超えますから

甘味を足したきな粉牛乳に置き換えた方が低カロリーです。

 

糖質とカロリーが一日の摂取量からオーバーして

しまわないように調整すれば問題ありません。

 

 きな粉牛乳のアレンジレシピ

 

 きな粉牛乳は淡白な味わいなので、継続して飲もうと思うと飽きてしまいがちです。

 

そのぶん、アレンジがききますのでいくつかご紹介します。

 

  • はちみつを入れて飲む
  • プロテインを入れて飲む
  • ヨーグルトを少し混ぜる
  • バナナを入れてスムージー風にする
  • 黒ゴマを足して風味づけ
  • 「牛乳⇒スキムミルク+お湯」に置き換え

 

最後のスキムミルクを使う方法ですが、牛乳の余分な脂質抑えて、たんぱく質やカルシウムを摂取できる代替品として利用してる方もいるようです。

 

お湯で溶いたものなので牛乳よりさっぱりしていて、よりダイエット効果を高めたい人にはおススメです。

 

またヨーグルトを入れる方法ですが、これからお伝えする「乳糖不耐症」の方が、おなかのゴロゴロを緩和させるのに効果があるといわれています。

 

いろいろ試してみて自分の好みと体調にあったメニューを探してみてください。

  

気をつけたいきな粉牛乳のデメリット

  

このように様々な、効能を持つきな粉牛乳ですが、摂取する際に気をつけたいこともあります。

 

気軽に継続できるきな粉牛乳は、下記の3点に気を付けて摂取していきましょう

  

きな粉の摂取量

 私たちの身体にたくさんの良い効果があるきな粉ですが、その中に含まれる2つの成分の【大豆イソフラボン】と【脂質】の摂りすぎはかえってダイエットの逆効果になってしまいます。

 

バストアップに期待できるイソフラボンですが摂取しすぎると女性ホルモンバランスが乱れます。

 

女性らしい身体つきになるように脂肪をため込み始めてしまい、逆に脂肪がついてしまうというケースがあるようです。

 

きな粉の1日の目安は大さじ3杯位までにしましょう。

  

牛乳の摂取量

コップ1杯の牛乳には約7.6gの脂肪分が含まれカロリーは約130キロカロリーです。

 

そのためダイエットに良いから・身体に良いからと過剰に摂取しすぎてしまうと、脂質の摂りすぎとなってしまい逆効果になってしまいます。

 

また、【乳糖不耐症】という体質の方もいます。

 

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロとしてしまったり、トイレに駆け込んでしまう方がそうです。

 

これは、ラクトースという成分を分解する消化酵素がもともと体内に少ない体質だと起こりやすいそうです。

 

この酵素が少ないことで牛乳(に含まれるラクトース)を消化しきれず、下痢やガスが溜まるといった症状を起こしてしまうのです。

 

先天的なものもありますが、大人になるにつれて消化酵素が減少してしまう場合が多いので「大人になってから牛乳に弱くなった気がする」という人もいるといわれています。

  

置き換えダイエットには不向き

カロリーを抑えられて栄養価が高いという点はきな粉牛乳のメリットですが、先にお伝えしたとおり簡易的な置き換えにしかなりません。

 

市販の置き換えダイエット商品とは異なり、これ1杯で1食分の栄養素を網羅できるわけではありません。

 

かならず不足している栄養素を他の食事で補うようにしましょう。

 

 

ダイエットにはやはり運動も大事

 

f:id:shinchaso0226:20210406171323j:plain

 

ここまで読んでいただけたらお気づきだと思うのですが、きな粉牛乳をただ飲むだけではダイエットになりません。

 

痩せやすい身体に近づけるのが、きな粉牛乳を飲むことになりますので並行して適度な運動が必要です。

 

脂肪1㎏を燃焼させるために必要なカロリーは約7000キロカロリーと言われています。

 

数日で燃焼させるのは難しいですが、1か月30日にならすと1日あたり230キロカロリーです。

 

230キロカロリーを消費するのに同等の運動は、ウォーキング1時間弱、ジョギング30分などです。

 

上記運動を継続させていければ、一か月後には1㎏脂肪を落とすことができている計算です。

 

脂肪燃焼効果を高めたり食事摂取カロリーを抑えるために、朝食前や夕食前にきな粉牛乳を飲んでダイエット効果を底上げさせるのです。

 

また、一説ではウォーキングをすることで、きな粉の効果に追加してバストアップ効果が期待できるとも言われています。

 

これは肩甲骨を意識しながら腕を振って歩くことで、胸筋を鍛えることができるということです。

 

また、ウォーキングはジョギングよりも、バストが上下に揺れる動作が少ないことも理由にあがると思います。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210406171146j:plain

 

夕食前に1杯のきな粉牛乳を飲むことがダイエットに大きな効果があることがわかりました

 

夕食前に摂取することで、脳の満腹感が上がり、食事の量を減らすことができます。

 

その他にも、「美肌効果」、「お通じが良くなる」、「抗酸化作用」、「バストアップ効果」などなど様々な美容効果も期待できそうです!

 

気をつけなければいけない点は「きな粉の摂取量」は1日大さじ3杯まで。

 

「牛乳の摂取量」はたくさん摂りすぎると脂質の過剰摂取となったり、乳糖不耐症にも気をつけたいですね。

 

牛乳には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンと言う物質を作ることができるアミノ酸が含まれています。

 

セロトニンは体内でメラトニンと言う成分に変化して、睡眠を促し安眠効果が期待できます。

 

 

私は毎日1杯のホットきなこ牛乳を夕食前に飲むようにしています。

 

 

ダイエット効果、美容効果が期待できるだけでなく、安眠効果もあったというのは今回知りましたが素朴な味のきな粉牛乳にピッタリな効果だなぁと思います。

 

手軽に始められる「きな粉牛乳ダイエット」アナタも始めてみてはどうでしょうか?