カロリーメイトの賞味期限切れはどれくらいまで食べられる?

スポンサードリンク

カロリーメイトは賞味期限がある程度

切れていても食べることができます。

 

ネットで調べてみると、

カロリーメイトの賞味期限が

5年経過した後に実際に

食べている方がいました。

(実際に賞味期限が切れたものを

食べる際は自己責任でお願いします。)

 

さすがに5年経過した

カロリーメイトを食べるのは躊躇しますが

少しくらいなら賞味期限が切れていても

十分食べることができるんです!

 

今回はカロリーメイトの賞味期限が

切れていても食べられる理由と

食べるときの注意点などについて

ご紹介していきます。

 

 

賞味期限切れは食べられなくなるわけじゃない

 

f:id:shinchaso0226:20210315101450j:plain

 

カロリーメイトは手軽に食べることができ、

しかも非常時の保存食としても最適です。

 

しかし保存食として保管をしていると

気づいた時には賞味期限が切れていた…

なんてこともあり得ます。

 

カロリーメイトは賞味期限が切れていても

食べることができるのでしょうか?

 

まず賞味期限の定義は食品製造メーカーが

「商品を美味しく食べられる期限」として

食品に示しているものです。

 

それに対して消費期限は、

「未開封で保存した状態で安全に

食べることができる期限」と定義をしています。

 

賞味期限として表示されているものは、

実際に食べられる期限よりも短めに

設定されていることがほとんどです。

 

そのため、賞味期限がある程度切れていても

カロリーメイトを食べることができます。

 

カロリーメイトはゼリータイプや

ロングライフなどいくつか種類があります。

 

非常時の保存食として用いられるのは

カロリーメイトのロングライフが多いです。

 

ロングライフの賞味期限は製造日から3年、

ゼリータイプは製造日から半年、

コンビニなどによく売っている

ブロックタイプやドリンク缶は製造日から1年

とされています。

 

ロングライフはブロックタイプの

賞味期限がとても長いモノという

認識でOKです。

 

ネットで調べてみると、

カロリーメイトの賞味期限が

5年経過した後に実際に

食べている方がいました。

 

その方の情報では、

5年経過していても、

味・食感ともに大きな変化は

見られなかったとのことです。

 

そのため、カロリーメイトは賞味期限が

5年程度経過していても食べることが

できる可能性があります。

 

カロリーメイトの表示は賞味期限であり、

消費期限ではないため、

ある程度の年数が経過しても

食べることができたのでしょう。

 

しかし、くれぐれも賞味期限切れの

カロリーメイトを食べる際は

自己責任でお願いします。

 

 

賞味期限が切れたものを食べるときの注意点

 

f:id:shinchaso0226:20210315101504j:plain

 

賞味期限の切れたカロリーメイトブロックタイプ

を食べる際にはいくつかの注意点があるので、

確認しておきましょう。

 

ゼリータイプやドリンク缶は水分を多く含んでいるので

賞味期限が切れてから食べるのはオススメしません。

 

注意点1.保存状態

 保存状態が悪ければ賞味期限以内でも

食べることはできません。

 

封を開けていて放置してしまった、

高温多湿で保存していた、

冷蔵・冷凍庫で保存していた、

などといった場合には傷んでいる可能性が

高いので、食べるのはやめておきましょう。

 

冷蔵・冷凍保存では、カロリーメイト

水分を含んでしまい、それによって傷んでくる

ことがあります。

 

水分には雑菌が潜んでいることが多く、

たいていの食べ物は水分が含まれると

傷むのが早くなってしまいます。

 

そのため、非常食などを保存する場合には

水分に気をつけて保存しましょう。

 

またカロリーメイトを保存する時には、

常温保存しておきましょう。

 

カロリーメイトの保存方法は、

 

・高温多湿を避ける

・冷蔵・冷凍保存をしない

・直射日光を避ける

 

高温は大体35~40℃以上と

思ってもらえれば大丈夫です。

 

そのため車に保存しておくのは

やめておきましょう。

夏場には車内の温度は50℃を超える

こともあります。

 

上記を守って保存しておけば、

長期保存も可能になるかもしれません。

 

注意点2.見た目の変化

 賞味期限の切れたカロリーメイト

見た目が変化していることがあります。

 

以下の場合には食べることを躊躇した方が

いいです。

 

・フルーツが黒ずんでいる

・ベタベタしている

・変色している

・カビが生えている

 

上記のような場合には食べるのは

絶対にやめましょう。

 

注意点3.匂い 

元々カロリーメイトはそこまで

匂いがしませんが、傷んでいる場合には

変わった匂いがしてきます。

 

こんな匂いがしていたら注意です。

 

・油っぽい匂いがする

・変な匂いがする

・封を開けた時に気になる

 

上記のような匂いがする場合には

食べることはやめておきましょう。

 

注意点4.味の変化

 匂いと見た目に変化がなく、

一口食べてみたけど…

という時には以下のことに注意しておきましょう。

 

・今まで以上にパサつく

・味が薄い

・油っぽい味がする

 

上記のような場合には、

食べるのは一口だけにしておきましょう。

 

賞味期限の切れているカロリーメイト

食べる際には五感をフルに使って

食べることをオススメします。

 

見た目の変化はもちろん、匂いや

味の変化にも気をつけておきましょう。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210315101515j:plain

 

今回はカロリーメイトが賞味期限を

切れていても食べられるのか、

食べる際の注意点はなんなのかについて

ご紹介をしました。

 

非常時にはとても役に立つカロリーメイト

保存方法を間違えなければ、3年以上は

持つ可能性があります。

 

ぜひ今回の記事を参考に、

カロリーメイトを保存してみてください。

 

賞味期限が切れたカロリーメイトを食べる時は

よほどの非常時でしかないと思います。

 

くれぐれも賞味期限切れのカロリーメイト

食べる際には自己責任でお願いします。

 

また賞味期限が切れてしまう前に新しいのと交換する

ローリングストック、という方法もあります。

 

普段から備蓄用に保存食を用意しておきます。

日常生活で保存食を消費していきながら、

消費した分だけを買い足す、というのが

ローリングストックという保存方法です。

 

日常生活で消費していくので、

食材の賞味期限が切れてしまう心配は

ありません。

 

ぜひそういった保存方法も使ってみてくださいね。