一度開封したグラノーラの正しい保存方法とは?

スポンサードリンク

 

f:id:shinchaso0226:20210401174344j:plain

一度開封したグラノーラ開封前と同じく常温で保存します。

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアでグラノーラは常温で

売られていますが、開封後も同じように常温で保存します。

 

グラノーラは保存食なのでそこまで賞味期限を心配することは

ありませんが、一度開封したグラノーラは少し注意する必要があります。

 

パッケージにも書いてある通り、グラノーラは直射日光に

当たる、湿気ると品質が落ちてしまうため、高温多湿の場所を

避けて涼しい場所で保存することが大切です。

 

酸化が進めば味や風味が落ちるし、湿気が進めば硬くなります。

 

つまり空気に触れさせないことが重要なのです。

 

チャックが付いているパッケージはしっかりと密封します。

 

チャックの付いてないパッケージは、クリップやゴムで

止めるよりもジップロックやタッパーなどの密封容器に入れて

保存した方がいいでしょう。

 

透明なガラスやプラスティック容器なら、中身が見えるので

いつでも確認できます。

 

乾燥剤があるなら一緒に容器の中に入れて、保存するのもいいでしょう。

 

空気を抜くことも大切です。

 

グラノーラは封を開けた瞬間にカサカサでボソボソに

近づきますが、難しい管理は必要ないので

美味しいグラノーラを保ち続けていくのは案外簡単です。

 

空気に触れさせず常温を守る。

 

これだけで限りなく未開封の状態をキープできます。

 

できればグラノーラ開封後の1週間か2週間のうちに

食べ切りたいところですが、空気に触れさせずしっかりと常温で

保存できれば保存食の性質上、長持ちするでしょう。

 

 

常温保存がおすすめな理由とは?

 

f:id:shinchaso0226:20210401174353j:plain

 

グラノーラは常温保存が推奨されています。

 

そもそも常温保存とは15~25度の温度で、直射日光が

当たらない、湿度の低い場所での保存を意味します。

 

食材には低温での保存が適しているものもあれば、

常温での保存が適しているものあるのです。

グラノーラを冷蔵庫で保存しない理由としては、

冷えたグラノーラを温かい場所で、開ける際の寒暖差があることです。

 

寒暖差があると結露が発生して、グラノーラが水分によって

湿気てしまうことがあります。

 

他にもグラノーラに含まれているドライフルーツが冷気で

カチカチに硬くなって美味しさを損なうこともあります。

 

冷蔵庫内の肉類や魚類の匂いがグラノーラについて

しまうこともあります。

 

もちろん冷蔵庫の状況によっては、上記のようにならない

場合もありますが、常温で密封するのが安全です。

 

 

長期に保存したい場合は冷凍庫がベスト

 

f:id:shinchaso0226:20210401174401j:plain

 

グラノーラは基本的には常温で保存しますが、

より長期に保存したい場合は冷凍庫で保存するのがベストです。

 

購入時の銀袋のままでもいいですが、

できれば冷凍用の容器または袋に入れて冷凍庫で保存します。

 

空気に触れることだけは避けたいので、それぞれを小分けで

保存するとさらに安心です。

 

グラノーラに限らず食品中に水気が少ないものを

長期保存する場合は冷凍庫保存がいいでしょう。

 

グラノーラを冷凍庫から取り出す場合は自然解凍にするか

またはそのまま食べても乾燥物の性質上、

凍った状態でもそれほど食感を損ないません。

 

もし、ちょっと湿気ってしまった場合はクッキングシートを

敷いた皿に平らに並べて、電子レンジで600W20秒ほど

チンすればサクサクの食感が戻ってくるのでオススメです。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210401174409j:plain

 

一度開封したグラノーラでも、ポイントさえ守って保存すれば

長持ちさせることができます。

 

穀物が主な原料のグラノーラは食物繊維を多く含み牛乳や

ヨーグルト、豆乳などと相性もいいので、忙しい朝には

ぴったりのお手軽メニューです。

 

ここ数年で色んな種類のドライフルーツが入ったグラノーラ

が登場して、バリエーションも豊富になりました。

 

グラノーラを自宅に常備していることも多くあるかと思います。

 

グラノーラは朝食だけじゃなく、おやつとして

そのまま食べる人が多いのも特徴です。

 

栄養価が高いので登山やハイキングなどの携帯食としても、

注目されています。

 

大人から子供まで絶妙なザクザク感が楽しめるグラノーラ

 

正しい保存をして、一日の活力となるグラノーラライフをお楽しみ下さい。