わが子に教わる”おやこ”の関係

日々の生活に役立つ情報をご紹介します

住宅街の迷惑な路上駐車、通報の仕方と効果とは?

スポンサードリンク

路上駐車を通報する場合は、最寄りの交番か駐在所警察署まで連絡するようにしましょう。

110番は緊急時の通報先になりますので、緊急でなければ地域名を入れてインターネットで検索すると、固定電話番号が見つかるはずですのでそちらへ連絡してみてください。

 

通報時に伝える事は下記のとおりです。

 

  • 駐車違反をしている車のできるだけ正確な住所
  • 現場へ急行する際、目印になるもの
  • 駐車している車の状況
  • 駐車している車の車種、車番、色
  • 通報者の名前と連絡先

 

事前に伝えるべきことを準備してから通報すると対話がスムーズに進みますので、メモするなどしてから電話するようにしましょう。

 

住宅街や家の前の迷惑な路上駐車、ほんとうに困りますよね、、、

我が家も角地にあるため入口が狭く、家の前の路上駐車に悩んでいる時期がありました。

 

その時に警察に通報するか悩んだんですが、警察の方に対応してもらう事でその後の路上駐車がなくなったので、結果的にはもっと早く通報すればよかったと思いました。

 

この記事では、実際に路上駐車に悩んでいて⇒通報⇒解決!となった私が、

 

  • 路上駐車の通報の仕方とは
  • 通報時に伝えるべきこと
  • 通報した際は匿名で処理される
  • 路上駐車を通報しようか迷ったときは
  • 家の前に路上駐車される際に個人でできる対策とは
  • 直接抗議するのはトラブルの元?
  • 路上駐車かどうか判断はどこですればよい?
  • 路上駐車の罰則など
  • 駐車違反と放置駐車違反の違いとは?

 

を詳しく解説しました!

 

ぜひ路上駐車に悩んでいる方は、最後まで目を通して

迷惑な路上駐車が解決できるように対応して見てください!

 

 

路上駐車の通報の仕方とは

 

f:id:shinchaso0226:20210524135155j:plain

 

通報が必要になった場合は、最寄りの交番か駐在所、警察署まで連絡するようにしましょう。

 

インターネットで検索すると最寄りの交番などの固定番号が見つかると思いますので

そこへ直接電話すれば問題ありません。

 

緊急事態で、危険な状態が予測される場合や急を要する場合には「110番」まで通報してもOKです。

 

こちらも最終的には最寄りの警察署や交番の警察官が駆けつけてくれるはずです。

 

厳密には事故や事件、人命に関する緊急電話のときに通報する番号だと警察もガイダンスを出しています。

 

特別、急を要する場合でないときには最寄りの交番か駐在所、警察署まで連絡する方が適切ですよ。

 

また、110番通報と似ている「#9110」という連絡先をみなさんは知っていますでしょうか。

 

これは警察相談専用電話の番号です。

 

電話をかけるとかけた地域を管轄している警察本部などの相談窓口につながり、解決へ対応してくれます。

 

ストーカーや悪徳商法など民間トラブルにも対応している番号ですので「最近、駐車されることが多くて困っている」などの相談したいときに活用できます。

 

ただしこちらは平日の日中のみの受付になっていることがあるので、お住まいの警察本部を確認してから電話することをおすすめします。

 

 

通報時に伝えるべきこと

 

f:id:shinchaso0226:20210524135203j:plain

 

通報すると電話口で警察官から通報内容の詳細と実際に通報をした、あなたの情報を聞かれます。

 

おもに聞かれる項目は下記のとおりです。

 

  • 駐車違反をしている車のできるだけ正確な住所
  • 現場へ急行する際、目印になるもの
  • 駐車している車の状況
  • 駐車している車の車種、車番、色
  • 通報者の名前と連絡先

 

通報者の情報はイタズラではないか?という確認とともに、違反処理後の結果を伝える連絡先として控えておく必要があるため聞かれることが多いです。

 

自分の身元がばれたり、個人情報が心配になる人もいると思います。

 

ですがその点については安心してもらって大丈夫です。

 

 

通報した際は匿名で処理される

 

f:id:shinchaso0226:20210524135210j:plain

 

警察官に通報者の名前を伝えていますが、通報対象の相手に自分のことが知れたら大変ですよね。

 

結論を先に言うと、警察官には守秘義務がありますので、通報者の名前は相手に告げられません。

 

そのため原則として自分の情報が他者へ漏れるということはありえないのです。

 

どうしても心配な場合には、「本人に言わないで」とか「匿名でお願いします」と言うことで念押しするのもいいかもしれませんね。

 

公衆電話から匿名で通行人を装って「あそこの家の前に停めてある車は非常に危ない。車の死角で交通事故が発生しそうだ。」と危機感で訴えるのも一案でしょう。

 

スポンサードリンク
 

 

路上駐車を通報しようか迷ったときは

 

f:id:shinchaso0226:20210524135217j:plain

 

通報していいか迷ったときはとりあえず通報してしまって問題ありません。

 

「もし誤報で通報してしまっていたらどうしよう」と思うかもしれませんが、違っていたら違っていたで警察側で処理してくれます。

 

また、罰則やペナルティーがあるわけではないので、通報者がやたらに構える必要はないです。

 

むしろ駐車違反に該当するかどうかを私たちが調べて考えるよりも、警察の方が知識も経験も豊富なので適宜ただしく状況を判断して対処してくれます。

 

迷ったり、困ったときはまずは通報するようにしましょう。

 

路上駐車は結構頻繁に発生しており、なかなかなくならない違反です。

私たちが通報していくことの積み重ねで、今後の違反車両減少にもつながります。

 

近隣で困っている人がいたり、歩行者やほかの乗用車の邪魔になってしまいそうな危険のある車があった場合は周りの安全のためにもなります。

 

通報することは悪ではないと思ってくださいね。

 

 

 

家の前に路上駐車される際に個人でできる対策とは

 

f:id:shinchaso0226:20210524135226j:plain

 

自宅前に路上駐車をされてしまい困っている場合は駐車しないでほしいと言うことがわかるように対策を講じるのも手です。

 

  • 「駐車禁止」の内容を掲示する
  • 三角コーンなどを設置する
  • 車種とナンバー、駐車する時間帯を調べておく

 

それぞれ簡単にご紹介します。

 

「駐車禁止」の内容を掲示する

張り紙や駐車禁止と書かれた立て看板を家の前に設置することで、言葉の抑止力を使う方法です。

 

たまに「罰金1万円」など記載しているものがありますが、これには法的効力がないため自らが決めた罰金を運転手に支払ってもらうことはできません。

 

しかし、払いたくないと運転手に思わせることで、駐車されないようにと抑止力にはなると思います。

 

そのため気休め程度にはなってしまいますが、記入するのも一つの策といえます。

 

 

Yahoo!ショッピングで売れ筋ランキング1位の人気商品。
本物の駐車違反切符にそっくりな駐車違反警告ステッカーです。

 

自宅周辺の迷惑駐車や、無断で私有地や店舗に違法駐車をされてお困りの方に売れていて、コンビニやラーメン屋などの店舗・企業からの注文も多いです。

剥がせるシールタイプなので、のりやテープなしで手軽にガラスなどへ貼れて、本物そっくりなので警告効果バツグン。迷惑駐車の撃退に最適です。

  

三角コーンなどを設置する

工事現場などで使用される三角コーンを置くのもオススメです。

 

運転手も日頃、見慣れているものなので一目でわかりやすく、駐車されないように対策することができます。

 

ホームセンターなどでも買うことができるので誰でも手軽にできる対応策ですよ。

  

車種とナンバー、駐車する時間帯を調べておく

常習的に駐車され困っている場合に活用できる方法です。

 

例えば、これらのことを控えておくことで警察に報告し、駐車違反をされる時間帯に巡回にきてもらうことをお願いできます。

 

うまくいけば現行違反で捕まりますし、巡回している警察に気付いて運転手が路上駐車を控えるようになるかもしれません。

 

地道な作業ですが他者の力をうまく利用することも大切です。

 

 

直接抗議するのはトラブルの元?

 

f:id:shinchaso0226:20210524135235j:plain

 

実際に路上駐車を通報したくても「警察を呼ぶとご近所にも目立っていやだ」「これくらい自分で完結できる」と考える人もいるかもしれません。

 

実際に直接運転手に交渉をして、トラブルを解消した人も前例でもちろんいますが、警察などといった他者を介さずに自身で抗議をすることは、二次トラブルへと発展する可能性が高くあまりおすすめできません。

 

二次トラブルへ発展しがちな抗議方法で

 

無断でタイヤロックをしてしまう
フロントガラスに警告文を貼る
実際に運転手へ抗議する

 

といったことが挙げられます。

場合によっては逆恨みされ別の事件へ発展しかねません。

 

また直談判しに行った自分だけではなく、家族や周りの人間、はたまた近隣の住宅にまで嫌がらせなどしてくることも十分に考えられます。

 

今の勇気よりも、その先の危険リスクを考えるようにして、これらのことは絶対にやらないように注意しましょう。

 

 

  

路上駐車かどうか判断はどこですればよい?

 

f:id:shinchaso0226:20210524135245j:plain

 

一番わかりやすいのは路上駐車禁止の標識がある区域です。

 

標識で定められている区間ではもちろん路上駐車が禁止されていますので違反となります。

 

そのほかにも標識の有無にかかわらず駐車禁止の場所があります。

◆交差点、歩道橋

◆トンネルの中

◆坂野頂上や勾配のきつい坂道

◆踏切、バス停の半径10m以内

◆交差点や路上カーブから半径5m以内

◇道路工事現場から半径5m以内

◇駐車場など車の出入りするところから半径3m以内

◇火災報知機から半径1m以内

◇車両の右側に3.5以上のスペースがとれない道路

◇白線のみの路側帯がある道路で左端から0.75m以上離れていない場合

 

これらの場所でも駐車をすると違反になってしまいますので駐車したい場合は該当するものが周りにないかチェックしてから駐車しましょう。

 

◆は駐停車禁止場所、◇は駐車禁止場所に該当します。

 

これについては後程、追ってご説明しますね。

 

また、場所に問わず長時間の駐車も違反の対象になります。

 

日中であれば12時間以上、夜は8時間以上おなじ場所に路上駐車し続けていると違反となってしまいます。

 

そして一番注意しなければならないのは、たとえ自宅前の道路に駐車している場合でも駐車違反とみなされてしまうということです。

 

標識で禁止と示している区域だったり、上記の禁止エリアに該当される場所にかかる場所で駐車してしまった場合に限りますが、該当する人も少なくはないと思います。

 

自宅前の駐車違反など、意外と条件が重なった結果、駐車違反に至ってしまうことも少なくありません。

 

十分に注意も必要ですが、緊急時以外の路上駐車は避けた方が無難ですね。

 

 

 

路上駐車の罰則など

 

f:id:shinchaso0226:20210524135258j:plain

 

罰金は先ほど少しでてきた駐車禁止場所と、駐停車禁止場所のどちらの区域で駐車してしまったかによって変わってきます。

 

駐停車禁止場所のほうが罰金は違反点数が大きく、駐車禁止場所の方が少ないです。

 

さらに対象の車が大型車、普通車、二輪車、原付かによってもそれぞれ異なり、サイズが小さくなるにつれて罰金も違反点数も小さくなっていきます。

 

例えば普通車で、駐停止禁止場所等では18,000円、駐車禁止場所等では15,000円です。

 

違反を無視し続けると高い金利がかかり、最終的には高額な金額の支払命令が出されることもあります。

 

それでも対応を拒否したりと反発的な態度をとり続けると裁判に発展する場合があり、懲役はないものの150,000円以下の罰金を科せられることもあります。

 

違反してしまった場合はすみやかに対応するようにしましょう。

 

 

駐車違反と放置駐車違反の違いとは?

 

f:id:shinchaso0226:20210430142121j:plain

 

違反の名称に「放置」と記載があるかどうかの違いしかありませんが、じつは内容は大きく異なります。

 

駐停車違反とは、運転者を近くで確認でき、すぐに車を動かすことができる状態を指します。

 

一方で放置駐車違反とは、運転手が車から離れていて不在のため車を動かすことすぐにはできない状態のことを指します。

 

またこれらの違反には駐車時間の制限や、ハザードランプ点灯の有無は問われません。

 

そもそもハザードランプとは曲がる際の方向指示や、駐車するときのドライバー間の意思表示で活用するものです。

 

そのため、道路交通法に対しての効力はありません。

 

運転手が駐車したいと思って示していても、そこが駐車禁止場所に変わりなければ、それは違反になってしまうのです。

 

また時間に関しても、禁止とみなしている場所での駐車は1分でも、30秒でも、路上駐車違反の状態になります。

 

市民から通報・警察官に発見されれば直ちに違反として処理されてしまい、「電話したくて少し停めただけなのに…」というような言い訳は残念ながら通用しないので気をつけたいですね。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210524135328j:plain

 

迷惑な路上駐車の通報は長い間悩んだりせず、最寄りの交番か駐在所警察署に通報して、警察の判断に任せる事にしましょう。

 

あなたや、近隣で困っている人がいたり、歩行者やほかの乗用車の邪魔になってしまいそうな危険のある車があった場合は周りの安全のためにもなります

 

通報の際には、

 

  • 駐車違反をしている車のできるだけ正確な住所
  • 現場へ急行する際、目印になるもの
  • 駐車している車の状況
  • 駐車している車の車種、車番、色
  • 通報者の名前と連絡先

 

という情報を事前に準備することでスムーズにやり取りが行えますよ。

 

顔見知りであろうと、知らない人であろうと、路上駐車を通報することは悪ではありません!

長い間悩んでいるようならば、スパッと警察に通報してしまって警察の判断に任せるのが一番だと個人的には思います。

 

駐車違反に該当するかどうかを私たちが調べて考えるよりも、警察の方が知識も経験も豊富なので適宜ただしく状況を判断して対処してくれるはずです。

 

この記事の内容をもとに、あなたの悩みが解決できることをお祈りしています!