花束のきれいな保存方法とは?~渡すまで編~

スポンサードリンク

花束をプレゼントしたいとき、直前に購入しなければ

いけないと思っていませんか?

実は花束は、案外日持ちします。

前日、余裕を持って準備しても大丈夫!

 

  1. いつ渡すか、お花屋さんに伝える。
  2. 保管場所の温度を管理する。
  3. 絶対に寝かせて保存しない!

 

この3つに注意すれば、大切な人に

綺麗な花束を渡すことができます!

 

購入してから渡すまで、きれいなままで保存できる方法

3つの注意点をお伝えします。

 

【花束をきれいな状態で保存して渡す方法】

 

1.いつ渡すか、お花屋さんに伝える。

 

お花屋さんは、プレゼント用の花束は、渡す瞬間が一番

きれいに見えるように考えて、花を選んでくれています。

 

「明日渡す予定です」と一言伝えることができれば、

明日満開になるようなチョイスをしてくれますよ。

 

水分を多めに含ませたり、一晩乗り越えられる状態で

用意してくれます。

 

2.保管場所の温度を管理する。

 

暖かい部屋に置いておくと、どんどん花が咲いてしまい、

渡す前にピークを過ぎてしまうことがあります。

 

夏はもちろん、冬もできるだけ室温が低く、急な変化が

ないところで保管しましょう。

 

玄関、トイレ、などがオススメです。

 

3.絶対に寝かせて保存しない!

 

デリケートな花びらを寝かせた状態で保存すると、花び

ら同士が重なり、そこから傷んでしまいます。

 

必ず立てた状態で保存しましょう。

 

以上の3つに注意して保存すれば、翌日ベストな状態で

プレゼントすることができますよ。

 

 

こだわりがなければお花はお店の人に相談するのがベスト

 

f:id:shinchaso0226:20210224084111j:plain

 

歓送迎、誕生日、記念日…

花束を用意したいタイミングは色々ありますよね。

 

相手の好みを思いながら、花を選ぶことも楽しいですが

花束にもマナーがあるのをご存知ですか?

 

シーンに適した花束にするために、お花のプロである

店員さんに相談するのがベストです。

 

例えば、お祝いとしての花束。

 

門出を祝うという意味で、スイートピーポインセチア

が定番です。

 

大きさにも注意が必要で、持ち帰ることを考えると、

あまりに大きすぎるはNGとされています。

 

出産祝いでお花を贈る際は、手入れがあまり必要ない

ものを。

 

お見舞いでは、鉢植えやトゲのあるお花は避けます。

 

色味やボリューム感なども、素人では分からないことが

多いので、お花屋さんにお任せするといいでしょう。

 

ただし、完全にお任せにしてしまうと、「イメージと

違う!」ということになりかねません。

 

私自身も失敗したことがあります。

 

お世話になった先生が退職されるので、保護者を代表

して花束を注文しました。

 

そのとき店員さんに伝えたのは、「お世話になった先生

に花束を」とだけでした。

 

出来上がった花束を見て、驚いたのはその色味。

 

黄色やピンクなど、とても鮮やかで華やか!

 

確かにとても可愛くて素敵なのですが、退職する先生

は、落ち着いた優しい雰囲気の方です。

イメージとはだいぶかけ離れてしまいました。

 

そのときに「落ち着いた優しい雰囲気の方です」と一言

いえばよかったと、反省しました。

 

花束を注文する際は、どんな雰囲気にしたいのかを伝え

ることを、オススメします。

 

 

荷物になるかな…花束を渡すタイミングはどこがベスト?

 

f:id:shinchaso0226:20210224084122j:plain

 

花束を相手に渡すタイミングにも、マナーがあります。

 

歓送迎会のような、大人数が集まりある程度の進行が

決まっているような場合は、最後に渡します。

 

締めくくりとしての花束贈呈が正解です。

 

写真撮影をする場合は、花束を持った状態が、

華やかでいいですよ。

 

花束を抱えて持って帰ることになるので、他のプレゼ

ントをまとめて持てる袋があると、スマートですね。

 

デートや友人同士で会う場合、最初のタイミングで渡す

と良さそうです。

 

花束はバッグに入れて隠し持つことはできないですし、

「何をコソコソしているの?」と不審がられては、

せっかくのプレゼントも台無しです。

 

会ったときに渡すといいでしょう。

 

注意が必要なのが、大きさ。

気合を入れすぎてあまりに大きいサイズの花束にしてし

まうと、その後の移動が困難になります。

 

紙袋に入るくらいのサイズにして、移動の際はその袋に

入れるといいですよ。

 

簡単に持ち運びができるものなら、そこまで荷物になる

心配はいりません。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210224084128j:plain

 

贈り物の定番、花束。

あまり機会がないからこそ、選ぶときに不安になりがち

ですよね。

 

そこは、お花のプロであるお花屋さんにお任せしま

しょう!

 

用途や予算、イメージなどを伝えると、素敵なものを

作ってくれますよ。

相手にぴったりの花束を贈りたいですね!