【災害に備えて】自宅でも作れる!長期保存水の作り方

スポンサードリンク

 

長期保存水は市販で買う以外にも、実は作れます。

 

その作り方は、空のペットボトルを消毒して

水道水を詰めるだけなので、気軽に備えておけます。

 

詳しい手順を下記に整理してみましたので

目を通して見てください。

 

 

 1.まず必要なものを用意する。

 

ペットボトル(汚れ、傷などが無いもの)

液体の消毒液原液(次亜塩素酸ナトリウム

バケツ・ビニールテープ(自己融着テープ)

 

 

2.備蓄用ペットボトルとバケツの下準備を行う。

 

最初にしっかりと手洗いをしてから

ペットボトルを家庭用の食器用洗剤で

良く洗い、水道水で良くすすぎます。

バケツも同様にして、下準備します。

 

 

3.バケツに消毒液と水道水をいれる。

 

身近なものでは「キッチン用の塩素系漂白剤」を

10mlに対して、水道水4Lを良く混ぜ合わせます。

(比率は消毒液1:水道水400ほどに合わせましょう)

 

 

4.備蓄用ペットボトルを消毒する。

 

先ほどのペットボトルに、バケツの中の消毒液を

半分ほど入れて、キャップを閉めて良く振ります。

そのまま1時間ほど放置し、水道水で再度洗います。

 

 

5.飲料水をペットボトルに詰めていきます。

 

飲料水は、水道水(またはウォーターサーバーの水)を

ペットボトルの口いっぱいのギリギリまで入れるのが

ポイントです。そしてキャップを閉めた上から

ビニールテープをしっかりと巻き付けて固定します。

ホームセンターなどに販売している「自己融着テープ」

を使用すると、より密封できますのでオススメです。

 

 

6.完成した保存水を冷暗所で保管します。

 

ペンで保存した日付を書いておくと、便利です。

 

 

 

簡単そうに見えて、何本も作るとなると大変ですが、

この手順を行うだけで、1年ほど保存が利きます。

当然ですが、1年ほどで作り替えする事が必須です。

 

世界的にも、日本は災害の多い国です。

台風・地震津波・大雪・火山噴火など様々な災害で

緊急として避難しなければいけなくなります。

その際に、どれほど水がどんな場面に必要なのか?

ご説明させていただきます。

 

 

こんなところでも!?災害時に水が必要になる場面とは?

 

f:id:shinchaso0226:20210220103655j:plain

 

一般的に飲用水は1日1人あたり2L~3Lです。

成人以上で1人3L、幼児~小学生で1人2Lですが、

それはあくまで「飲用水」での話であり、

生活用水」としても1日1人あたり3Lが必要です。

 

飲む以外に、どんな場面で必要なのか?

例えば、トイレ・手洗い・歯磨き・風呂やシャワーは

一般的ですが、意外に水が必要となるのが

「調理時の加熱用の水(レトルト食品など)」

「食事後の食器洗い」です。

 

日常生活で、1日1人あたり平均200L~250Lの

飲料水・生活用水を使用しているとのです。

 

その点を考えても、

最低限の1人あたり3Lの生活用水は備えましょう。

 

そのためにも「節水対策」が必要になってきます。

 

水不要のシャンプーやウェットティッシュ・携帯トイレ

などの用意したり、特にオススメは「ラップ」です。

 

食事の際に、お皿に巻くだけで食器洗いの水を

節水できたり、他にも衛生面で活躍できます。

 

飲用水と生活用水を中心にお伝えしてきましたが、

この水が足りなかった場合、何が危険かというと

「病気と感染症のリスク」と「被災者のストレス問題」

の2つがあります。

 

飲用水が足りなくなると、

水分不足からの血流が悪くなると病気になりやすく、

脱水症状になったりと、健康面のリスクがあります。

 

生活用水が足りなくなると、

体を清潔に保つ事ができなくなり、

感染症や食中毒などの衛生面のリスクがあります。

 

そして、水が全体的に足りないと、

安心して飲める水が無い、トイレに行きにくいなど

被災者にとっては過度なストレスになったりします。

 

実際の被災地での約3割の死亡原因として、

「避難所での生活の肉体的・精神的疲労の関連死」が

復興庁から発表されるほど、生活環境は大切です。

 

 

災害時備蓄品を保存の際に気を付けておきたい事

 

f:id:shinchaso0226:20210220103720j:plain

 

長期保存水などの備蓄も含めて、気を付けたい事は

「賞味期限」と「消費期限」をしっかり確認しましょう。

 

リスト化などを行い、期限切れの近いものがあれば

食べてしまい、また必要なものを買い足して

災害用に備蓄するという流れを作るのが1番です。

 

また、食べなれた食品を備蓄するのも必要です。

 

災害時には日頃から食べなれている事が必要で、

食事が口に合わないと気が滅入ってしまいます。

 

そして、季節・気候によっても備蓄量が変わります。

 

夏場の暑い時、飲料水は1日1人あたり+2Lが妥当で

特に汗をたくさんかいてしまう事も考えると生活用水

+2Lほど備蓄量を増加させる事が必要でしょう。

 

市販の防災バッグは「3日分」の備蓄が多いのですが、

大規模災害発生時には、3日分では足りません。

 

ご家庭でも「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

 

 

まとめ

  

f:id:shinchaso0226:20210220103738j:plain

 

災害とは、いつどこで発生するか予測が難しいので

いつでもどこでも対応できるように備蓄するべきです。

 

水や食品だけでなく、

災害に対しての知識や対策方法も蓄えておきましょう。

 

食事や飲用水での「健康管理」も大切ですが、

病気や感染症予防で体を清潔にする「衛生管理」にも

十分と気を使うことが、本当の防災といえるでしょう。