~英語スピーチの始め方~参考になる動画5選【高校生編】

スポンサードリンク

日本語でも緊張するのに、英語でのスピーチ…。

 

「大丈夫かな」と不安になっているあなたに、力強い味

方になってくれること、間違いなしの動画をご紹介

します!

 

どれも短く、すぐに観ることができるので、チェック

してみてくださいね。

 

①英語プレゼンの練習方法とは?5つのポイントも解説

https://www.youtube.com/watch?v=y0DXR-wflHY&t=224s

 

練習に取り組む際に、気にするべきポイントを教えて

くれています。

 

ビジネスプレゼンについての内容になっていますが、

相手に伝えるという目的は同じなので、大変参考に

なりますよ。

 

②英語スピーチコンテストの必勝準備方法!

https://www.youtube.com/watch?v=pQ3KTPxMJA4

 

学生向けの動画なので、とても分かりやすい内容です。

 

日本語で話すときと、英語でスピーチするときの違いなど

丁寧に教えてくれています。

 

③人前で堂々と話せるようになる方法

https://www.youtube.com/watch?v=uBf0QJ-b68M

メンタリストDaiGoさんによる動画です。

 

コンテストに出るにあたり、不安や緊張を感じることは

当然ですが、それを肯定的に捉え、どうプラスに変えて

いくかを説明しています。

 

観ていると、ぐんと前向きになりますよ!

 

④TEDで賢そうにプレゼンする秘訣

https://www.youtube.com/watch?v=8S0FDjFBj8o

 

観ていただくと分かるのですが、このスピーチ、

全く中身がありません。

 

ただただ、意味のないことを話します。

 

それでも、なぜとても有意義なプレゼンに感じるのか?

スピーチで大切なのは、自信のある態度とパフォーマ

ンスであるということを教えてくれます。

 

ちなみに、TEDとは世界各国の著名人、知識人による

スピーチを配信しているアメリカの団体です。

 

登録者数はなんと約290万人!

 

今回ご紹介した動画以外にも、短いスピーチが様々な

ジャンルで配信されているので、気になる動画を

チェックしてみてください。

 

iPhone を発表するスティーブ・ジョブス(日本語字幕)

https://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg&t=73s

 

言わずと知れた、プレゼンの天才。

アップル社のスティーブ・ジョブズの動画です。

 

間の取り方やジェスチャー、抑揚、言葉選びなど、

伝わるための話し方に必要なものが詰まっています!

絶対に観ることをオススメします!

 

 

共通しているのは構成力!英語スピーチで定番の構成

 

f:id:shinchaso0226:20210206133706j:plain

 

著名人の英語スピーチを見ていると、どれも同じ構成

話していることがわかります。

 

英語スピーチの構成の定番は、

 

①導入

②本題

③結び

 

の三段階です。

 

日本語のスピーチとは少し違っているので、この三段階

は強く意識して、話す内容を決めましょう。

 

まず①導入です。

 

これは、聞き手に対しての自己紹介や挨拶を示します。

 

何をテーマにして話すかを最初に伝えることで、聞き手

に興味を持ってもらいやすくなります。

 

そして②本題に入ります。

 

あまりテーマを広げずに、狭いテーマでシンプルに語る

ことがポイント。

実体験などオリジナル性があると、話しやすく聞き手

も興味を持ちやすくなりますよ。

 

最後の③結びですが、これは短くて大丈夫。

これまでの内容を簡単い振り返りつつ、聴衆に感謝を

伝えます。

 

長さや内容に関係なく、この三段階構成は共通

です。

 

構成がうまくいかないなと思ったら、伝えたいことを

よりシンプルにしてテーマを狭くするといいでしょう。

 

簡潔な構成が、スピーチ成功のカギですよ。

 

 

使える言い回しBEST5

 

f:id:shinchaso0226:20210206133815j:plain

 

スピーチというと、難しい言葉を並べる必要があると

思いがちですが、実はそんなことはありません。

 

今までに授業に出てきた単語を中心に、原稿を作ること

ができます。

 

ここでは、スピーチ向けの決まり文句をご紹介します!

どれも簡単なので、覚えて使いやすいですよ。

 

No.5

Thank you so much for your attention.

(ご静聴、ありがとうございました。)

 

スピーチの最後に一言。締めにぴったりな言葉です。

笑顔で言えたら最高ですね!

 

No.4

Hi, everyone!

First of all, please let me introduce myself. I’m ~.

(はじめまして!自己紹介させてください。私は〜です。)

 

話し始める言葉としてオススメです。

Hi, everyone! はとてもカジュアルな印象なので、元気いっぱいに

言うといいでしょう。

 

Hi!をHello!に変えると、少し落ち着いた印象に。

もっとフォーマルにしたいなら

Good morning, ladies and gentlemen.があります。

 

どういった雰囲気でスピーチをしたいかによって、選ぶ

といいでしょう。

 

No.3

Today, I’d like to talk to you about ~.

(今日は、〜についてみなさんにお話したいと思います。)

 

自己紹介に続いて、テーマを伝える際の定番フレーズ

です。

内容に区切りや流れをつけやすくなります。

 

No.2

Firstly/Secondly/Finally/

(まず第1に/第2に/最後に)

 

本題を話す時に、「今日話したいことは3つあります。

最初は〜。次に〜。最後に〜。」と言うように使います。

 

サブテーマをざっと伝えることができるので、スピーチ

が簡潔に聞こえます。

 

No.1

For example... 

(例えば…)

 

こんな簡単なフレーズ!?と驚かれたかもしれません。

でもこのFor example...にはとても重要なポイントがあります。

 

このフレーズを使うことで、体験談や経験、例題など、

聞き手がイメージを膨らませやすいスピーチを行うこと

ができます。

 

スピーチは、聞いている人に共感を抱いてもらわなけれ

ばいけません。

 

このフレーズを使い、オリジナル性の高い内容にしま

しょう!

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210206133912j:plain

 

英語でのスピーチに慣れている人は、大人でもそう多く

はありません。

 

高校生にとってはなおさら、とても高い壁に感じてしま

うでしょう。

 

でも大丈夫!

 

聞き手は、あなたの若さや情熱、思いを待っています。

内容はシンプルに、思いを込めてスピーチを行いま

しょう!

 

応援しています。