自転車で通勤するなら距離は何キロが限界?ベストな距離は?

スポンサードリンク

 

自転車通勤では、10キロ程度が心地よく感じるベストな

距離と言われています。

 

15キロを超える距離になると、アスリートではない限り

限界となってくるでしょう。

 

10キロというと、テンポよく漕いで30分ほどで到着します。

 

もちろん、道路の状況や自転車の種類、本人の体力で

変わってきますが、気持ちよく走ることができる距離

です。

 

季節のよい時期は、空気感を楽しみながら職場に着く頃

にはじんわりと汗をかくでしょう。

 

「運動したな!」と感じられるのがいいですね。

 

冬でも、30分ほど自転車を漕げば身体が温まり、いい

スタートが切れそうですね。

 

15キロを超える距離になると、シティサイクルなどでは

難しくなり、ロードバイクが必要になります。

 

45分ほど自転車を漕ぎ続けることになり、体力的に一部

の限られた人しか、向いていないでしょう。

 

体力に自信がある人はいいのですが、通勤で力を使い

果たしたくない場合は、15キロ以上はお勧めできません。

 

 

自転車通勤のメリットは?

 

f:id:shinchaso0226:20201215185644j:plain

 

近頃、密を回避できると人気が上がっている自転車通勤。

 

他にもメリットがたくさんあります!

そのメリットをご紹介しますね。

 

 

① さらば、満員電車!混雑とは無縁の自転車通勤

 

狭い車内に、ぎゅうぎゅう詰めになる通勤ラッシュの

車内。

 

ストレス以外、何モノでもありませんね。

 

周りの乗客の気を遣い、乗り降りだけで、ぐったり…

なんてことは、自転車ならばありません。

 

心地よい日差しや風を感じて、爽快な気分を味わうこと

ができます。

 

ストレスを解消してくれますよ。

 

一日の始まりとして、いいスタートを切ることができる

でしょう!

 

 

② 地球とお財布に優しい!

 

自転車は車と違い、ガゾリンなどの燃料を必要とせず、

排気ガスも出ません。

 

自分自身で動かすので、地球に優しい乗り物です。

 

また、お手頃価格から購入することができ、始めやすい

のも自転車通勤の魅力の一つです。

 

駐車場に比べて、駐輪場なら一日数百円から借りること

ができるので、お財布にもとても優しいですね!

 

 

③ 運動不足解消&リフレッシュ効果

 

自転車通勤を始めるきっかけとして、多く挙がるのが

「運動不足を解消したい」という理由。

 

忙しい現代人は、運動したいと思ってもなかなか時間を

作れずにいます。

 

そこで、通勤という毎日必須の時間を運動にあてる

ことで、身体を動かすことができます。

 

自転車は全身運動なので、見た目以上に運動になります!

じんわり汗をかくことも、リフレッシュになるでしょう。

 

 

④ 災害に強い

 

東日本大震災の時、震源から離れた地域でも電車やバス

はストップしました。

 

寒くて暗い道を、何時間もかけて歩いて帰宅した人が

多かったというのは、まだ記憶に新しいかと思います。

 

災害に非常に弱い公共交通機関

 

地震だけでなく、台風や事故で止まってしまうことは

珍しくありませんよね。

 

そんな場合でも、自転車なら普段と同じように帰宅する

ことができます。

 

電話もつながらず、安否が心配される状況で、いつも通

り帰宅できるというのは、自転車通勤の最大のメリット

といえるでしょう。

 

 

自転車通勤のデメリットは?

 

f:id:shinchaso0226:20201215185655j:plain

 

メリットをたくさんお伝えしてきましたが、もちろん

デメリットもあります。見ていきましょう。

 

 

① 天候に左右される

 

これは自転車の宿命ですが、天候に左右されることは

どうしようもありません。

 

雨や風、寒さ暑さが、ダイレクトに影響を与えます。

 

大雨の日には自転車ではなく、別の通勤手段を検討しな

ければならないでしょう。

そのため、天気予報は欠かさずチェックが必要です。

 

少しの雨の場合でも、傘をさしながら運転してはいけま

せん。

 

その場合はレインコートなどで対応しましょう。

 

視界を塞がない、安全性の高い自転車用のレインコート

があります。便利ですよ!

 

 

② 事故に合うリスク

 

自転車を使って通勤するとなると、当然公道を走ること

になります。

 

都市部では少しずつ、自転車専用道路が整備され始めて

いますが、まだまだ多くありません。

 

バスが止まっていたり、歩行者と自転車が入り混じって

いたり、車がすぐそばを通ったり…

緊張感のある通勤になるかと思います。

 

もちろん、車との事故も十分可能性はあるのですが、

さらに気をつけたいのが、歩行者との事故。

 

乗り物に乗っている以上、加害者になることもあるとい

うことを意識して運転する必要があります。

 

スマホを見ながら運転することや、イヤホンをつけた

状態での運転は絶対にやめましょう。

 

自転車保険への加入もお忘れなく!

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201215185702j:plain

 

感染症予防の観点からも、人気が高まっている自転車

での通勤。

 

メリットの数々と、知っておきたいデメリットをご紹介

しました。

 

私も、もう5年以上、自転車で通勤をしていますが、

自分のペースで出発時間を決められるというのは、

自転車ならではのメリットだと感じています。

 

季節の風を感じながら漕ぐ自転車は、最高ですよ!

ぜひ、挑戦してみてくださいね。