自動運転車の実用化はいつから?

スポンサードリンク

 

近年、自動車の自動運転技術に注目が集まっており、

国内外の自動車メーカーが自動運転車の開発に力を

入れています。

 

一言で自動運転車と言っても、システムがどこまで

運転に関与するかによって、以下のようなレベルに

分けられています。

 

レベル0:

全ての操作を人間が行う

 

レベル1:

ブレーキや車線変更など、一部の操作をシステムが

運転支援する。

 

レベル2:

システムが複数の運転制御を行う

 

レベル3:

条件付きの運転自動化

 

レベル4:

限定エリア内での高度な運転自動化

 

レベル5:

エリア限定なしの完全運転自動化

 

2020年11月にはホンダが世界で初めてレベル3

自動運転車の市販を発表しました。

 

レベル4の自動運転車についても各自動車メーカー

で開発が進んでおり、2020年代前半の技術確立を

目指しています。

レベル5の自動運転車についても、技術的には

2020年代に実装可能なレベルですが、法整備等

の問題で市販化にはまだ時間がかかる見込みです。

 

今回の記事では、さらに自動運転車のメリット

とデメリットについてもさらに踏み込んで解説

していきます。

 

 

自動運転車のメリットは?

 

f:id:shinchaso0226:20201226172112j:plain

 

運転の主体が人から車に変わるレベル3以上の

自動運転車が2020年代には市販化されます。

 

自動運転車が実装されることによるメリットは、

交通事故の減少、運転からの解放、渋滞回避、

運転できない人の移動手段にもなる等が挙げられ

ています。

 

その中でも、自動運転車の最大のメリットと

言われているのが交通事故の減少です。

 

現在発生している交通事故の主な原因は

運転者の操作ミスによるものです。

自動運転になることで、操作ミス等が原因の

交通事故の減少に繋がります。

 

高齢化が進む日本においては、特に大きな

メリットになる可能性が高いです。

 

また、自動運転車が実装されることで、

現行の免許制度が大きく変わることが予想されます。

 

高齢者や障がい者等、これまで免許を持てなかった

人たちにも利用が可能になります。

 

一般の利用者にもメリットはあり、これまで運転

にかかっていたストレスが無くなり、移動中に

仕事をしたり読書をしたりすることができるように

なります。

 

 

自動運転車のデメリットはある?

 

f:id:shinchaso0226:20201226172120j:plain

 

自動運転車の普及により、大きく生活スタイルが

変わる可能性がありますが、実用化にはいくつかの

デメリットも存在しています。

 

主なデメリットとしては、事故発生時の責任の所在、

システムトラブルやハッキング、交通産業の就業人口

の減少等が挙げられています。

 

レベル3以上の自動運転車では、運転の主体は車

となっており、事故の責任もシステムが負うことに

なっていますが、実際最終的な判断がはっきり

していないため、今後揉める可能性があります。

 

また、外部からのハッキングにも配慮が必要です。

ハッキングによりテロや犯罪行為に使われる可能性

もあります。

 

また、自動運転車が普及することで、バスやタクシー

等の交通機関が必要なくなる可能性があり、その業界

で働いている人たちの仕事が無くなってしまいます。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201226172131j:plain

 

近年、自動車の自動運転技術に注目が集まっており、

日本ではホンダが世界で初めてレベル3の自動運転車

の市販を発表しています。

 

さらに2020年代前半までにはレベル4の自動運転車

の実装が目指されています。

 

レベル5のエリア制限なしの完全自動運転車については

まだ具体的な発表はされていませんが、近い将来の実装

に向けて各自動車メーカーが開発に力を入れています。

 

自動運転車の実用化によるメリットとしては、

交通事故の減少、運転からの解放、渋滞回避、

運転できない人の移動手段にもなる等が挙げられ

ています。

 

一方、デメリットとしては、事故発生時の責任の所在

が曖昧、システムトラブルやハッキング、交通産業の

就業人口の減少等が挙げられています。

 

レベル4、レベル5の自動運転車の実用化には法整備

等の課題もありますが、普及していけば現在の生活

スタイルに大きな改革を起こす技術です。

 

今後、各自動車メーカーで自動運転車の開発はさらに

活発になることが予想されます。