ゲーミングPCでプログラミングはできるの?マストな性能とは

スポンサードリンク

 

ゲーミングPCであれば、

概ねどのプログラミング言語も使用可能です。

 

・CPU:Core i9Core i7Ryzen 9、Ryzen 7

・メモリ:最低8GB以上

・電源:最低750w以上

 

上記を考えておけば、

行うプログラミングによって異なってきますが、

ほとんどのゲーミングPCで余裕で快適に動作します。

 

今回はゲーミングPCでプログラミングをするために

マストな性能などについて紹介していきます。

 

 

ゲーミングPCのスペックとは?

 

f:id:shinchaso0226:20210301134335j:plain

 

まず、ゲーミングPCですが基本的には高性能の

部類に入るパソコンです。

 

もちろんゲームを行うための

パソコンなので、ゲームに必要な高性能な

グラフィックボード(グラボ)を搭載しており、

バランスよく高スペックなパソコンとなっています。

 

グラボの今の主流は、

GeForce/NVIDIA

Radeon/AMD

 

の二種類になっています。

 

基本的にゲーミングPCは

このどちらかのグラボを搭載しています。

 

もしあなたが

VRゲーム」をしたいと考えているならば、

VRゲームの動作を保証する「VR Ready」を搭載している

ゲーミングPCを選べばOKです。

 

またPCの頭脳と例えられる「CPU」ですが、

CPUのスペックが高ければ高いほど

さまざまな処理を行えます。

 

動きの速いゲームなどを処理するので当然ですが、

高性能なCPUをゲーミングPCは搭載しています。

 

そのため、これからゲーミングPCを

購入しようと考えている場合には、

予算の許す限りで高性能のCPUを搭載している

ゲーミングPCを購入することをオススメします。

 

ちなみに、CPUの比較方法は以下のとおり

 

Core i9>Core i7>Core i5>Core i3

Ryzen 9>Ryzen 7>Ryzen 5>Ryzen 3

 

数値が大きくなるほど、

高性能CPUになるので覚えておきましょう。

 

 

筆者は学生時代にお金がなく、

激安ノートPCを購入したのですが、

CPUの性能がイマイチ(Core i3)のモノを購入してしまい

ストレスの日々でした。

 

CPUが高性能であれば、ストレスなくPCライフを

送ることができますよ。

 

また、筆者は自作PC

組み立てたこともあります。

 

基本的にパソコンはCPUを中心に

他のパーツを搭載させていきます。

 

そのため、CPUが高性能な物を選んでおけば、必然的に

ゲーミングPCの中でもさらに高性能なゲーミングPCを

選択することになります。

 

一つ注意しておきたいのは、

「電源」のスペック

 

電源に求められる機能は、

ゲーミングPCに搭載されているパーツに

過不足なく電力を供給することです。

 

電力が供給されなければ、

どんなに高性能なゲーミングPCでも

満足に能力を発揮することができません。

 

ハイスペックなゲーミングPCを

考えているならば、

「750~1000w」程度のパワーを持った

電源が搭載されているゲーミングPCを

チョイスしましょう。

 

よほどのことがない限り、

電力が不足するような電源を搭載している

ゲーミングPCはないと思いますが、

念のためです。

 

最後にメモリです

メモリがどういうパーツかというと、

「作業スペース」です。

 

メモリの数値が大きければ、大きいほど

作業スペースを多く取ることができます。

 

そのため、

同時に様々な作業をすることが可能です。

 

最低でも8GBのメモリが搭載されている

ゲーミングPCを選んでおけば

問題ないと思います。

 

また、ゲーミングPCの多くは、

あとからメモリを増設することができます、

なので8GBで物足りなくなったら

増設すればOKです。

 

 

スペックはどんなプログラミングをしたいかによる

 

f:id:shinchaso0226:20210301134354j:plain

 

ゲーミングPCはかなり高性能な機能を有しているため、

どのゲーミングPCを選んでも

プログラミングを行うことは可能です。

 

著者はMac Book Proを使用していますが、

Mac Book Proよりも

ゲーミングPCの方がよっぽど高性能です。

 

Mac Book Proに搭載されている

グラボは「Intel Iris Plus Graphics 640」です。

ゲーミングPCと比較すると

かなり性能は落ちます。

またCPUはCore i5を搭載しています。

 

しかし、ゲーミングPCよりも性能の落ちる

CPU・グラボを搭載しているMac Book Proでも、

PythonCSS、HTML、Swift、R言語

いずれも動作しました。

 

そのため、Mac Book Proよりも

はるかに高性能なゲーミングPCであれば、

どんなプログラミングもできるということです。

 

ただし、Android Studio

バックグラウンドでの処理が多く、

CPUやメモリの消費が激しいと言われています。

 

とは言えゲーミングPCであれば、

問題なくプログラミングを行うことが

できるので問題はありません。

 

また、ゲーミングPCはほとんどが

WindowsですがWindowsでも

iphoneアプリを作成することが可能です。

 

なので、どういったプログラミングを

行うかはまだわからない状態でも、

ゲーミングPCを選択しておけば、

どんなプログラミングも問題なく行うことができます。

 

ここ最近よく聞くAIや

AIを活用したデータ解析などの

プログラミングは搭載されている

CPUやグラボによってデータ解析の速度などは変わります。

 

しかし、こちらもゲーミングPCであれば

問題ない速度で処理が可能です。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210301134813p:plain

 

今回はゲーミングPCで

プログラミングができるのかについてご紹介しました。

 

ゲーミングPCであれば、

概ねどのプログラミング言語も使用可能です。

 

・CPU:Core i9Core i7Ryzen 9、Ryzen 7

・メモリ:最低8GB以上

・電源:最低750w以上

 

上記を考えておけば、

問題なくゲーミングPCで

プログラミングを行うことができます。

 

グラボに関しては、

ゲーミングPCであれば

それなりのモノを搭載しているので、

そこまで考えなくてもOKです。