子育てって意外とお金がかかる?!不安を解消し楽しく暮らす秘訣!

スポンサードリンク

 

子育てって何かとお金がかかりますよね

 

 妊娠中からすでに出費が始まっています

 

 妊婦検診の費用、マタニティグッズや出産準備品に

入院費、そして出産後はベビー用品、オムツ代、ミルク代…

  

数えればキリがありません。

 

  

子どもが大きくなってくると、学費や習い事の費用など

教育費がかかりますよね

 

 その上、成長すればするほど、食費もかさみます。

  

 

子どもを成人まで育てるのに1人あたり2000万円

かかるとも言われています

 

 我が家は3人の子育てをしているのですが

  

2000万×3人=6000万円…!!!!!!(絶句)

 

 信じがたい金額…気が遠くなりますよね

  

現実逃避したくなりました…(笑)

 

  

しかし、子どもを産んだからには

しっかり現実と向き合わなければなりません。

 

  

子どもに幸せになってほしい、家族みんなで

幸せなライフスタイルを送りたいと思うのは当然ですよね。

 

  

我が家は、旦那は一般的な会社員

  

私は最近まで専業主婦で

今はちょこちょこ在宅ワークをしています

  

決して経済的に余裕があるわけではありません

  

工夫して節約しながら

楽しく暮らしているといった感じです。

 

  

この記事では、我が家が実践している

  

・子育てにかかるお金の不安を抑えるためにできること

・お金の不安を解消する方法

  

を紹介していきます。

 

  

これから子育てをする方、また子育て中で

お金の不安を抱えている方

少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

  

 

子育てするなら絶対に知っておくべきお金事情!不安解消3つの方法

 

f:id:shinchaso0226:20200605160805j:plain

子育て支援について把握しておく

 

これ、とても大事です◎

 

 国では子育て支援に関する様々な取り組みがされています。

 

  

住んでいる地域によっても異なるので

自治体のホームページで調べることをおすすめします。

 

  

私は東京都在住なのですが、

 

 例えば…

 

 ・出産育児一時金42万円支給

 

・児童手当(3歳未満は月1万5千円。それ以降中学3年生まで月1万円。第3子以降はずっと1万5千円)

 

・子ども医療費無料(中学3年生まで)

 

・幼児教育の無償化(私立幼稚園は月2万5700円まで助成。認可保育園は完全無償化)

 

・公立小中学校教科書無料配布

 

・子どもの予防接種の助成

 

 …などなど。

 

  

これらの制度、子育てしていくうえで本当に助かりますよね。

  

 

実際に我が家はこの子育て支援補助金により

少し余裕をもって生活できているといった感じです。

 

  

これが無かったらと思うと…恐ろしさで震えます(笑)

 

  

このように、子育てに関する助成金や手当を事前に

把握しておくことによって、少し安心感が生まれます

 

 必ずもらえるというところが、うれしいですよね。

 

  

地域によっては、子育て世帯の家賃を補助してくれたり

子育て応援クーポン券をもらえたりするところもあります。

 

  

ぜひ、お住まいの地域の子育て支援を調べてみてくださいね。

 

  

 

②学資保険に加入した

 

保険に加入するというのは

きっといろいろな意見がありますよね。

 

  

我が家も悩んだのですが

保険外交員をやっている知人を通じて

詳しく話を聞き納得したうえで、学資保険に入りました。

   

 

将来、子どもが大学進学を希望したり

専門学校に行きたいと言っても困らないように

できる限りの対策はしておきたいと考えたからです。

  

 

実際、子どもが選ぶ道なのでどういった進路になるかは

予想できませんが…(笑)

 

 でも、親としては、子どものやりたいことを

やらせてあげられるよう、準備しておこうと思いました。

  

 

学資保険があるので、いざと言う時の教育費を

確保できているという安心にもつながっています

 

 

  

③長男が小学校に入るまで1DKに5人暮らしで乗り切った

 

長男が小学校に上がるまでに広い家に引越そうと決め

それまでは1DKで生活をしていました。

  

 

3人目が生まれて、5人暮らしになった時にはさすがに

キャパオーバーになっていましたが…(笑)

  

 

それでも、子どもが小さいうちはまだ、家の中もそこまで

圧迫感を感じずに暮らせていました。

  

 

ただ、モノを置けるスペースが限られているので

ムダなものは買わずにすみ、それも節約になっていました。

 

  

子どもが小さいうちは

できるだけ、お金を貯めることをおすすめします。

  

 

子どもが大きくなるにつれ、食費も習い事にかかる費用も

増えてくるからです。

  

 

また、塾に行き始めたり

部活で道具をそろえたり、合宿の費用が

かかったりする場合もあります。

  

 

節約のかいもあって、我が家は無事に

長男が小学校に上がる前に4LDKのマイホームを

購入することができました。

  

 

 

お金は賢く節約!不安は簡単に解消できる方法とは

 

f:id:shinchaso0226:20200605161021j:plain

我が家で実践している、お金の不安を解消する

節約術を5つを紹介します。

 

  

①子ども服はお下がりをもらう、またはフリマなどで購入

②習い事は地域のスポーツセンターに通う

③不用になったものはフリマアプリで売る

➃外食時にはクーポンをフル活用する

⑤キャンプなどのアウトドアでお得にレジャーを楽しむ

 

  

ひとつずつ説明しますね。

 

 

  

①子ども服はお下がりをもらう、またはフリマなどで購入

 

子どもの服はわりとすぐにサイズアウトしてしまいます

 

 そして、半端なく汚れるんですよね

 

 ならば、中古で十分だよねっていう考えです。

 

  

いい服を買ってもすぐに着れなくなり、汚れるということです。

 

  

子ども服は質より量です(笑)

  

ママ友からお下がりをもらったり

安くフリマアプリで買ったりしています

 

 よそ行きの服やちょっとおしゃれ服を買いたい時には

ネットショップでセールしてるタイミングを見計らって

購入するとお得にゲットできますよ。

 

  

 

②習い事は地域のスポーツセンターに通う

 

習い事って高いイメージですが

実はお得に通える方法があります

 

 それは、地域活動の一環でおこなっている、習い事です。

 

  

私の住んでいる地域ではスポーツセンターがあり

息子2人はそこのプールで活動している

水泳教室に通っています。

 

  

メリットは月謝が安いことです。

 

  

一般的なスイミングクラブと比較すると

約3分の1以下の月謝です

 

 水着や帽子なども特に指定はないので

ネット販売で安く購入しました(笑)

 

  

地域のスポーツセンターでは

ダンスやサッカー、体操などいろいろあり

運動系の習い事を探している方にはおすすめです。

 

  

スポーツセンターが無いという地域でも

個人で子どもたちにサッカーや野球を教えていたり

ピアノや絵を教えている人もいたりするので

ぜひインターネットを活用して情報収集してみてくださいね。

 

  

 

③いらなくなったものはフリマアプリで売る。

 

また、フリマアプリの登場です(笑)

 

 子どもが居るとだんだんとモノも増えていきます。

 

  

断捨離するタイミングで状態が良さそうなものがあれば

フリマアプリで売ることがおすすめです

  

さすがに中古で仕入れた衣服は

ダメージのことも考えると売るわけにはいきませんが(笑)

  

ベビー用品や子どものおもちゃ、

もう使わなくなったものを売るようにしています

 

 ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますよ。

 

  

 

➃外食の時にはクーポンをフル活用する

 

今は飲食店のクーポンがもらえるアプリなど

たくさんありますよね

 

 我が家は外食の時にはクーポンをフル活用しています

 

 5人家族だと外食代もばかにならないんですよね

しかも、男の子2人+旦那がこれまたよく食べるんです。

 

  

外食とは言え少しでも出費を抑えたいところですよね。

 

   

ファミレスはキッズメニューもお得に頼める

クーポンが豊富にあります、ぜひ活用しみてくださいね。

 

  

 

⑤キャンプなどアウトドアでお得にレジャーを楽しむ

  

子どもが居ると、レジャーも楽しみたいですよね

 

 しかし、年齢が上がるにつれて

交通費も宿泊費もきっちりかかるようになります。

  

 

そこでおすすめなのが、アウトドアです

  

我が家も年に何度かバーベキューをしたり

キャンプに行ったりしています

  

グッズを揃えるのに、最初だけ費用がかかりますが

道具だけ揃えてしまえば

だいぶ安くレジャー代を抑えられます

 

  

例えば、ホテルや旅館に家族全員で泊まるとなったら

かなりの出費ですよね。

  

 

その点、キャンプの場合はテントひとつで泊まれます

激安ですよね(笑)

 

  

アウトドアの良いところは、子どもたちに

いろんな体験をさせてあげられることです

 

 大自然の中で、自分たちでテントを立てて

ごはんを作って、夜は寝袋で寝て…

   

子どもが乳幼児のうちは、キャンプとなると

なかなか難しいかもしれませんが、

大きくなるに連れ、子どもも即戦力となり

一緒に楽しめるようになります

 

 子どもの五感を育むためにも、アウトドアはおすすめです。

 

  

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20200605160413j:plain

 子どもが成人するまでにかかる費用を考えると

気が遠くなりますよね

 

 しかし、今時代はどんどん変化をしています。

  

 

子育て支援もさらに手厚くなる!

なんてこともあるのではないでしょうか?

  

今よりもっと子育てしやすい世の中になることを

期待したいですね。

  

 

しかし、期待だけしていても、未来はどうなるかわかりません

 

 大切なのは、今できることを実践していくことです。

  

 

普段の生活の中でできる節約術は意外とあります。

 

  

ビビたなものかもしれませんが

“ちりも積もれば山となる”ですよね。

 

  

10年、20年と長い目で見たら、かなり節約できますよ。

 

  

楽しく節約しながら、子どもと一緒に幸せなライフスタイルを送りたいですね。