マイナンバーカードのメリットを整理しよう!今できる事と今後検討されている事とは

スポンサードリンク

2020年5月25日をもって「マイナンバー通知カード」が

廃止されました。

 

それに伴い、マイナンバーカードを作成した方が

良いのだろうか?と気になってはいるけれど

実際にはまだ作っていないという方も

多いのではないかと思います。

 

私もその1人です。

マイナンバーカードを作ることのメリットが

よく分からなかったので調べてみました。

 

現時点で挙げられるメリットは6つほどあるようです。

 

まず1つ目です。年金の手続きなどをする際、

マイナンバーの提示が必要になります。

 

通知カードは今後、券面事項に変更があった場合は

使えなくなるのでマイナンバーカードがあった方が

手続きが必要になったときとても便利です。

 

2つ目は免許証やパスポートと同じように

公的な本人確認書類になることです。

交付手数料無料で取得できるので免許証やパスポートを

持っていない人は特にあるといいと思います。

 

3つ目はわざわざ市区町村に出向かなくても

住民票の写しや印鑑登録証明書の書類が

家の近くのコンビニでとれるようになることです。

 

これは本当に助かります!夫が頻繁に転勤になるので

何度も手続きをしてきましたが、とにかく待ち時間が

長いのが苦痛でした。コンビニで取得できるサービスは

ありがたいですね。

 

4つ目は行政手続きをオンライン上で行えることです。

毎年確定申告を自身で行なっている方も

会場に出向かなくて良いのです。

 

5つ目は、オンラインの口座開設に使えることです。

住宅ローンの契約などをオンラインで済ませる場合に

このマイナンバーカードが使えます。

 

6つ目は、私的には一番のメリットに思うのですが

マイナポイント利用で25%のポイント還元があります。

 

増税に伴い2020年6月末までキャッシュレス決済で

5%還元されるキャンペーンがおこなわれていました。

 

これに代わる事業として9月よりマイナンバーカードを

申し込んだあと、対象となるキャッシュレス決済を

選択して買い物などをすると25%(上限5,000円)が

ポイントとして戻ってくるのだそうです。

 

現時点ではメリットは上記で述べたものになりますが、

2021年3月には事前に登録することでマイナンバーカード

が健康保険証として活用できる予定になっています。

 

また、2022年から運転免許証の管理システムが

全国で順次、一元化されていくことが

先日発表されましたね。

 

これにより運転免許証の発行・更新が全国どこでも

できるようになるそうです。

 

そして、2026年には運転免許証とマイナンバーカードが

1つになるという話もでています。

 

 

マイナンバーカードでできる事が増えているわけとは

 

f:id:shinchaso0226:20201019104702j:plain

 

政府がマイナンバーカードでできることを

増やしている理由は、マイナンバーカードの

普及率を上げるためです。

 

通知カードが廃止された現在も普及率は20%を

切っています。

 

そもそもマイナンバーカードは行政の効率化を図ること

社会保険料や税金の徴収漏れを防止すること

を目的として導入されました。

 

それなのに、未だ普及されていない状況を

なんとかしたいと政府も必死なのでしょう。

 

 

気になるセキュリティとは?持ち運ぶうえで気をつけなければいけないこと

 

f:id:shinchaso0226:20201019104651j:plain

 

マイナンバーカードを作成するにあたり

一番心配なのはセキュリティですよね。

 

マイナンバーカードのICチップには預金残高などの

プライバシー制の高い情報は入っていません。

 

また、顔写真つきなので他人がなりすまして使う

可能性は低いと思われます。

 

そうはいっても、今後さらにいろいろなことが

このマイナンバーカードに紐付けられるとなると

持ち運ぶことに抵抗がありますね。

 

そういった方には「マイナンバーカード専用の

スキミング防止カードケース」といったものも

売られていますので利用してみて下さい。

 

ICチップのデータが読み取れなくなったり

情報保護ができるシールがあったりと

セキュリティが高められます。

 

また、法令に定められたもの以外がコピーをとることは

禁止されている裏面には注意書きがしてあるので

そういう意味でもある方が安心できると思います。

 

万が一の盗難や、紛失に備えて

できる対策はしておきたいですね。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201019104629p:plain

 

政府も本格的にマイナンバーカードの普及率を

挙げていこうと取り組んでいます。

 

いずれ、マイナンバーカードを必ず持たなければ

いけなくなる日が来るのかもしれません。

 

新型コロナウイルス特別給付金

マイナンバーカードを持っていた方はオンライン上

で申請ができ、早急に給付してもらえていました。

 

このように便利になることは確かです。

 

セキュリティ面での心配はゼロではありませんが

トータル的に見て魅力の方が多いのではないかと

私は感じました。

 

オンラインで作成することもできるので

近いうちにマイナンバーカードを作ろうと思います。