わが子に教わる”おやこ”の関係

日々の生活に役立つ情報をご紹介します

日焼けが元の白い肌に戻るまでにはどれくらいの期間がかかる?ケア方法を解説

スポンサードリンク

日焼けした肌が、元の白い肌に戻るまでの期間は通常おおよそ4週間と言われています。

また、その肌色が安定するまでにはさらに2週間必要ですので、肌のコンディション、肌の色両方が元の状態に戻るまではおよそ6週間ほどかかります。

 

もちろん、もともとの肌の状態や個人の肌質によっては前後してきます。

 

夏場はどんなにケアしても、日焼けしてしまいますよね

私も若いころに夏になると良く海に行っていたのですが、ケアがおろそかになっていたようで今ではポツポツシミとなって泡られています。。。

 

そうならない為の対策やケアなどはしっかりとしておかないと後で涙を見ることになるので、ぜひこの記事で学んでいってください。

 

特に今回調べて分かったことなのですが、食べ物で日焼けの回復の早い遅いがあるのです!

肌にはビタミンが良いだろうという考えを持っていたのですが、その概念が完全に崩れたので必見です。

 

この記事では

 

  • 日焼けが元の白い肌に戻る期間はどれくらい?
  • 日焼け後のケア方法(早く戻すための方法)
  • 摂ることで肌に良い栄養素は?
  • 摂ってはいけない栄養素は?
  • なぜ日焼けすると肌が黒くなるのか
  • 日焼けが元の色に戻るのはどのような働きから?

 

と言った、日焼けケアにまつわることをネットで調べてまとめてみました。

紫外線が強い現代では春夏秋冬と季節を問わず日焼けケアをするべきですよね。

ぜひ最後まで目を通して見てください。

 

日焼けが元の白い肌に戻る期間はどれくらい?

 

f:id:shinchaso0226:20210529070129j:plain

 

 

肌がもとの色に戻るまでかかる期間はおおよそ4週間といわれています。

 

また、もとの肌の色になり、その色で肌が安定するまでさらにもう2週間かかると言われており日焼け前の状態まで戻すとしたら約6週間、つまり1か月半ほど時間がかかるのです!

 

これは若い方や肌の健康状態が良い人の平均値です。

 

そのため疲労などでお肌が疲れ気味の人などはさらにもう少し肌の色がもどるまで時間がかかると思った方がいいでしょう。

 

 

 

 

日焼け後のケア方法(早く戻すための方法)

 

f:id:shinchaso0226:20210529070142j:plain

 

日焼けは、お肌が軽いやけどをした状態です。

 

料理でやけどしたときと同じように、まずは日焼けした部分の化粧を落とし、幹部を冷やすことから始めましょう。

 

メイク落としや洗顔はいつも以上にやさしく、力をいれないように洗い落とすことがポイントです。

 

摩擦も肌へのダメージを追加してしまいますので、たっぷりの泡をつかい、洗い流すときはぬるま湯で流してください。

 

水分をふき取っても火照るような感覚が残っている場合は、保冷剤をタオルで巻いたものをあてがうことや化粧水の導入液としてミストタイプの化粧水をふりかけ、熱をとるようにするのも効果的です。

 

次に化粧水をいつもよりもたっぷりめにつけましょう。

 

日焼けした肌はダメージを受けて弱っていると同時にかなり乾燥した状態になっています。

 

鎮静効果のある化粧水を染み込ませたコットンでパッティングをしたりパックをするとより効果的です。

 

ここまででかなり肌のひりつきや、ほてりがおちついてきます。

 

最後に乳液など油分のあるものでフタをすれば、日焼け直後のお肌への応急処置は完了です。

 

日焼けした後で、特に注意したいのはシミが発生すること。

 

これを予防するために美白成分が配合されている乳液やジェル、美容液を選ぶようにすると肌の色を戻すだけではなく将来的にシミに悩む可能性を少なからず軽減できますよ。

 

ここまでが日焼け後のスキンケアについてですが、逆にやってはいけないことがあります。

 

それは「ピーリング」です。

 

肌の古くなった角質をとってターンオーバーを早めたり正常にもどすことを目的としたピーリングですが、お肌が弱っている今おこなうのは更にお肌の細胞を傷つけてしまい逆効果です。

 

せめてピーリングするとしても日焼けしてから3~4週間後の肌がすこし落ち着いてきてから行うようにしてください。

 

これくらいの時期から使用することで、後々ご説明する「ターンオーバー」の促進にもなりますよ。

 

もし日焼けしたのが腕や肩など顔以外の場合は、化粧水を塗ったり冷やしたあとに保湿でボディクリームを塗ってあげてください。

 

これも同様に美白成分が含まれているものだと、シミ対策として効果も期待できます。

 

またお肌が乾燥していることで、身体も乾燥傾向にあります。

 

数時間ごとにコップ一杯の水分をとるなど、こまめに水分補給をしてお肌へ水分がいきわたるように心がけましょう。

 

できれば日中で1日当たり1.5リットルほど飲めていると望ましいと言われています。

 

 

  

 

摂ることで肌に良い栄養素は?

 

f:id:shinchaso0226:20210529070152j:plain

 

日焼けをしたときに取った方がいい栄養素は、ビタミンです。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

これらがオススメですが、ひとつずつ代表的な野菜などをご紹介します。

 

ビタミンA

メラニンの生成量を抑える効果がある栄養素です。

 

また乾燥に対して予防効果もあるため、これ以上肌が乾燥しないように内側からもアプローチができます。

 

トマトや緑黄色野菜(ブロッコリーやほうれん草など)といった野菜やレバー、うなぎにも含まれています。

 

ビタミンC

コラーゲンの生成を促してくれる栄養素なので、再生途中の肌には大切な栄養素です。

 

果物におおく含まれており、かんきつ系やイチゴ、キウイなどに豊富です。

 

ビタミンE

抗酸化作用があるのと同時に紫外線のダメージを抑えてくれる働きがあります。

 

ナッツ類やアボカド、緑黄色野菜や卵などを食べることで摂取できます。

 

また、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果が生まれるといわれているので同じ食事のタイミングで食べるとより効果が高まります。

 

 

また言わずと知れた日焼け対策の食品といえばトマト。

 

トマトには上記ビタミンも豊富で、さらにトマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があります。

 

トマトは朝摂ることで今日一日の日焼け予防に、夜摂ることで日中浴びた紫外線のアフターケアに充てることができ、なかなか心強い存在です。

 

生のトマトで接種もOKですがトマトジュースで摂取もできます。

 

ジュースならコンビニなどでも取り扱いがあり、気軽に取り入れることが可能です。

 

食材をそろえることが大変な場合は、まずトマトジュースを飲むことから始めてみてはいかがですか。

 

 

 

 

摂ってはいけない栄養素は?

 

f:id:shinchaso0226:20210529070213j:plain

 

日焼け対策として、紫外線が強い時期はとくに食べるのを控えた方がいい食べ物があります。

 

それは「ソラレン」という栄養素を含んだ食べ物です。

 

これは食べてからおよそ2時間後に作用が始まり、紫外線に反応して日焼けしやすくなる成分が含まれていると言われています。

 

持続時間は大体7時間前後といわれているので、朝食べると一日中ソラレンの効果はつづき日焼けしやすくなりがちになってしまうということです。

 

  • かんきつ系
  • 香りの強いハーブや香草系(パクチー、ディル、春菊、しそ、セロリなど)
  • ブロッコリー
  • きゅうり
  • じゃがいも

 

これらが主な食材です。

 

比較的、朝食として食べることのおおい食材が多い印象です。

 

体質によっては吸収しやすい人もいるので、摂取量の目安はありませんが外出する日の朝食にこれらを食べるのは避けた方がよいです。

 

とはいえ、あまり過剰に心配する必要はありません。

 

  

 

なぜ日焼けすると肌が黒くなるのか

 

f:id:shinchaso0226:20210529070228j:plain

 

日焼けには肌が赤くなる場合と黒くなる場合があります。

 

実は赤と黒くなる場合にそれぞれ名前がついており、赤くなるのを「サンバーン」、黒くなるのを「サンタン」といいます。

 

これらの違いは、人によって生まれ持ったメラニン色素の量が多いかどうかによって決まります。

 

メラニン色素が少ない人は肌がやけど状態になりやすく、サンバーン(赤く日焼けする)が起きてしまいます。

 

逆にメラニン色素が多い人はやけど状態になるものの、メラニン色素が紫外線を吸収してくれるため、色素反応を示してサンタン(黒く日焼けする)が起きるのです。

 

また、紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2つの波長があります。

 

それぞれ波長の長さが異なり、肌へ到達する深さがちがいます。

 

UV-Aは肌の真皮層まで波長が届きます。

 

そのため、肌を作り出している細胞を傷つけてしまい長年浴び続けることでシワやたるみを引き起こす原因になります。

 

UV-BはUV-Aよりも波長が短く、皮膚の表面層に影響を与えます。

 

表面にダメージを与える、ということなので気付いた方もいるかもしれませんが、さきほどお伝えしたサンバーン・サンタンを起こす犯人はUV-Bです。

 

それだけではなく、色素沈着に伴ってシミやそばかすができる要因もUV-Bを浴び蓄積されたためなのです。

 

とはいえどちらも浴びてしまうのはよくありません。

 

両方を浴びないように紫外線対策をキッチリおこなうことが重要でしょう。

 

 

日焼けが元の色に戻るのはどのような働きから?

 

f:id:shinchaso0226:20210529070237j:plain

 

日焼けした肌はもとの色にもどるまで1か月半以上かかると最初にお伝えしました。

 

これは肌の真皮の中で新しい皮膚細胞がつくられ、古い肌細胞が角質となって剥がれ落ちるかわりに、だんだんと上の表面に押し上げられるといった再生活動が約1か月半のサイクルで行われているためです。

 

これを「ターンオーバー」といいます。

 

身体も肌をもとに戻そうと頑張っているわけですが、他からもアプローチをすることでターンオーバーする力を底上げすることができます。

 

日焼けした肌をもとに戻すための近道としていくつか方法をご紹介します。

 

  • ちゃんとお腹が空いてからご飯を食べる
  • バランスのよい食事を心がける
  • 良質な睡眠をとり、適度に運動する

 

詳しく解説していきます

 

ちゃんとお腹が空いてからご飯を食べる

空腹の状態になると、成長ホルモンが活発に分泌されると言われています。

 

さらにお腹が空いたと脳が認識してからご飯を食べることで、基礎代謝が上がるともいわれています。

 

そうすることでターンオーバーが促進されお肌の再生に役立ちます。

 

お腹が空いたと思ってから30分ほどなにか食べずに我慢してみてください。

 

 

バランスのよい食事を心がける

より摂取したほうがいい食べ物も紹介しましたがそれだけに頼らず、ほかの栄養素もまんべんなく摂取することで身体の栄養バランスが整います。

 

またダイエットで食べたいものが食べられないなど、ストレスが溜まっている状態もターンオーバーにとってあまりいい影響を与えません。

 

毎日3食とり、まんべんなく栄養素を得ることが望ましいですが、食事だけでは足りない場合、サプリメントの力も借りることもひとつの手ですよ。

 

 

良質な睡眠をとり、適度に運動する

先ほどお伝えしたように、ストレスはターンオーバーにいい影響を与えません。

 

そのため、毎日決まった時間にまとまった時間の睡眠をとるようにしてください。

 

4~5時間以上のまとまった睡眠をとることが理想的です。

 

また運動することでストレスを緩和させることもできます。

 

適度に運動をすることで身体をほどよく疲れさせ、夜の眠りにつきやすくなるという相乗効果もあります。

 

有酸素運動無酸素運動にこだわらずに取り入れやすい運動をしてみてください。

 

また運動をすることで成長ホルモンが分泌されます。

 

これもターンオーバーを促進してくれますよ。