人参の表面にぬめりが!これって腐ってる?食べても平気?

スポンサードリンク

 

人参を保管していると表面にぬめりが

出てきてしまうことがあります。

しかし、人参のぬめりはしっかり洗い流せば

食べることができます。

 

今回は、

どうして人参にぬめりが出てきてしまうのか、

人参の正しい保管方法について、

解説をしていきます。

 

 

どうしてぬめりが出てくるのか?

 

f:id:shinchaso0226:20210311092956j:plain

 

人参は糖質や栄養が豊富な野菜で、デンプンも多く

含まれています。

 

そのため、保管している間に人参のデンプンが

表面まで染み出してきてしまい、

ぬめりが発生します。

 

しかし、このぬめりは人参が腐っていて

ぬめりが出ているわけではないので、

しっかりと洗い流せば食べることができます。

 

また、水分を含んだ状態などで保管しておくと

ぬめりが出てくることがあります。

 

そのため、保管する場合には水分をよく

拭き取ってから保管することをおすすめします。

 

人参にぬめりが出ているからといって、

腐っているとは限りません。

 

しかし、以下のような状態のときは

腐っている可能性があるので食べるのは

やめておきましょう。

 

・人参が溶けているような部分がある

・酸味のある臭いがする

・洗ってもぬめりが取れない

・表面を押すと柔らかく、へこむ

 

このような場合には腐っている可能性があるので、

食べないようにしましょう。

 

腐っている人参を食べてしまうと、食中毒に

なってしまうので気を付けましょう。

 

特に人参にはウェルシュ菌が含まれています。

腐っている人参にはこのウェルシュ菌がかなり

付着しているので、

 

・腹痛

・下痢

・脱水

 

などの症状を引き起こします。

 

もともと人参は栄養が豊富な野菜です。

特に人参に含まれているβカロテンなどの

カロテノイドが持つ抗酸化作用が注目されています。

 

抗酸化作用はビタミンAやビタミンC、ビタミンE

などにも含まれており、

抗酸化ビタミンと呼ばれています。

 

この抗酸化作用とは、活性酵素の働きを抑える

作用を持っています。

 

そのため抗酸化作用によって体内の酸化に伴う

老化や動脈硬化などを予防する効果が

期待されているのです。

 

 

正しい人参の保管方法とは?

 

f:id:shinchaso0226:20210311093120j:plain

 

人参は正しく保管することで、ぬめりを

発生させなくすることができます。

 

ここからは人参の正しい保管方法について

解説をしていきます。

 

1,人参をペーパータオルで包み、立てて保管

 

人参は水分が付着していると

ぬめりが出やすくなります。

 

また、人参は新鮮なものほど

乾燥を嫌うため、乾燥させないよう

保管をしていきましょう。

 

夏場であれば、購入してきたら袋から出して

1本ずつペーパータオルで包んで

縦に置いて保管するようにしましょう。

 

冬場の場合には、乾燥して人参の水分が

抜けないように、新聞紙などを巻いて

冷暗所で保管をします。

 

2.葉付き人参の保管方法

 

葉付きの人参は葉の部分を切り落として、

ポリ袋やジップロックなどの保存袋に入れ

葉の部分と根の部分を別々に保管します。

 

葉付きの人参は栄養も高く貴重な部分です。

間違っても捨ててしまわないようにしましょう。

 

ポリ袋などを利用するときは、口をちゃんと

閉めないように気を付けましょう。

 

袋を密閉してしまうと人参から蒸発した水蒸気

が人参に付着してしまい、痛んでしまいます。

 

そのため、袋に入れて保管する場合には、

口を軽く結ぶ・開けておくようにしましょう。

 

3.人参が少しだけ余った時の保管方法 

 

人参1本を料理に使いきれず、

少しだけ余ってしまった場合には

薄く切って冷凍保管するのがおすすめです。

 

ジップロックなどの口を閉じれる袋に、

薄く切った人参を薄く平らになるように入れ、

冷凍保管しましょう。

 

人参は冷凍・解凍すると食感が変わってしまいますが、

薄切りにすることで食感の変化が気になりにくく

なります。

冷凍保管は1ヶ月程度可能です。

 

4.土つきの人参は土がついたまま保管する

 

土がついている人参は土がついたまま

保管をしましょう。

 

人参以外の野菜もそうですが、育った環境の

まま保管するほど長持ちします。

 

そのため、土つきの人参である場合には、

そのまま新聞紙に包んで保管しておくことで

人参が長持ちします。

 

5.人参の保管に最適な温度と湿度

 

人参を保管する上で最適な温度は

0~5度と言われています。

 

なので、保管するなら冷蔵庫での保管が

適しています。

 

また、人参は乾燥に弱いため湿度は90~95%

が適しているとされています。

乾燥対策も人参が長持ちする保管方法です。

 

6.下茹でしてから人参を冷凍保管

 

人参は冷凍すると食感が少し変わってしまいます。

しかし、冷凍の前に下茹でしておくことで

食感の変化を最小限にすることができます。

 

下茹での方法は、水を張った鍋に

人参を入れて茹でます。

この時に茹ですぎてしまわないこと。

 

爪楊枝を強めに刺してようやく刺さる

程度の硬さがちょうどいいです。

 

その後、ザルにあげて粗熱が取れるのを待ってから

冷凍保管します。

 

これだけで解凍時の食感が劇的に変わりますよ。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210311093134j:plain

 

今回は人参の表面にぬめりが出てしまう原因と

人参の正しい保管方法についてご紹介しました。

 

人参には栄養素がたくさん詰まっているので、

買ってきた人参は無駄なく利用したいですよね。

 

人参に豊富に含まれている栄養は脂溶性ビタミン

といって、油と一緒に摂取することで

効率よく体内に吸収されていきます。

 

そのため天ぷらにしたり、炒めものに

することで人参の栄養を余すことなく

摂取することができます。

 

今回の記事を参考に、温度と湿度を適切に、

水分を含ませないよう、

人参を適切に保管してみてください。