じゃがいもって食べると喉がヒリヒリするのはなぜ!?

スポンサードリンク

じゃがいもを食べて喉がヒリヒリ痛んだ場合

そのヒリヒリの原因は食中毒なんです。

 

 じゃがいもに含まれるソラニンという物質が食中毒を

引き起こし、下痢や嘔吐などの症状が出ることもあります。

 

もしもこの記事を、ソラニンを含むじゃがいもを

沢山摂取してしまった時に読んでいる場合

すぐに119番に電話してみて状況を説明して見てください。

 

 2,3切れであれば問題ありませんので、

この記事をよく読みソラニンについて理解して

対処法を実践して見てください

 

 

ヒリヒリする理由とは?

 

f:id:shinchaso0226:20210220111715j:plain

 

先ほどお伝えしたように、じゃがいもには

ソラニン」という有害成分が含まれています。

 

ソラニンステロイドアルカロイド群と呼ばれる

有機アルカロイドに含まれており、

この成分が体内に入ることで中毒症状を起こしてしまいます。

 

その中毒症状の一例がヒリヒリするといったものです。

 

ソラニンは、じゃがいもの芽や

皮が緑色に変わってしまったじゃがいもに多く含まれています。

 

みなさんも家庭科の授業などで

「じゃがいもの芽は取るようにしましょう」

と習った方がいるのではないでしょうか?

 

その理由が芽に含まれるソラニンを除去するためということです。

 

また、家庭菜園などで作ったじゃがいもは

土寄せや間引きなどが上手くできていないと

スーパーなどで売られているじゃがいもに比べて

生育が未熟なケースが見受けられます。

 

このようなじゃがいもにも

ソラニンが多く含まれているので注意して下さい。

  

ソラニンとは?

  

ソラニンは有害成分です。

 

食べてしまうと身体に一時的な影響がでてしまいますが

中毒として起こる症状は下記のようなものがあります。

 

  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛や頭痛などの痛み
  • めまい
  • 重篤化すると呼吸困難

 

これらはいきなり発症するのではなく

食べてからおおよそ20~30分後以降に発症するといわれています。

 

その前にまずは初期症状として異常が感じられます。

 

ソラニンが含まれているじゃがいもを食べると

おもに味覚で異常を感じる場合が多いようです。

 

苦味、えぐ味といった形であらわれます。

もしくは舌がピリピリと痺れるような感覚になります。

  

毒素があるソラニンを食べてしまった際のピリピリの対処法

  

まず食べたことで舌がピリピリとしてきて

異変を感じたら、ソラニンが含まれている

じゃがいもを口にしてしまっている可能性があります。

 

口の中の食べ物は飲み込まずに吐き出し、

水で口の中をゆすぐようにしてください。

 

飲み込まない・口の中に成分を残さないことで

中毒を引き起こすことを未然に防ぐことが出来ます。

 

もしソラニンが含まれるじゃがいもを食べ、

飲み込んでしまった場合は胃の中のソラニン成分を

薄めるために水や牛乳を飲んでください。

 

また、胃の中のものを吐くという方法もありますが

吐いたときに胃液が食道を傷つけてしまう場合もあるため

無理やり吐きだすといったことは避けた方が良いです。

 

また、無理やり吐きだすのは精神的にも

体力的にも苦しいと思うので、お子さんなどは

特に難しいのではないかと思います。

 

そしてソラニンを含んだじゃがいもを食べてしまったら

なによりも病院で医師に診てもらうことが一番良いです。

 

ソラニンに対して、解毒剤などといった

直接利く治療薬は現状ありません。

 

そのためインターネットでこういった情報は

得られますが、どうしても応急処置になります。

 

内科の医師に診てもらい

必要であれば薬を処方してもらうことで

自宅で応急処置するときよりも早く回復が望めます。

 

できれば症状と度合がわかりやすいように

何分前にどれくらいの量を食べてしまったかを

確認してから病院へ受診することをオススメします。

 

スポンサードリンク
 

 

食べる際の調理で気をつけたい事

 

f:id:shinchaso0226:20210220111704j:plain

 

もしご家庭で多少芽が出ていたり変色したじゃがいもを

見つけた場合は焦って丸ごと廃棄しなくても大丈夫です。

 

発芽している部分を大きめにカットしたり、皮を厚めに

むくなどしてソラニンが含まれている恐れのある部分を

全て取り除けば食べられますので安心してください。

 

ただし全体的に濃い緑色へ変色が進んでいたり、

何センチも芽がのびてしまっているものは

その部分だけを取り除いても安全とは言い切れない場合があります。

 

そういったじゃがいもは破棄するようにしてください。

 

ソラニンは170℃以上加熱することで分解されるとも

言われていますが、170℃以上の加熱をすれば

「絶対大丈夫」というわけでもないというデータもあります。

 

そのため、安全のためにも皮や芽、変色した部分を

しっかりと取り除くことが重要になります。

 

 気をつけたい保存方法は?

 

 ・生の場合

調理前の生のじゃがいもは20℃以上の場所に

置いておくと発芽しやすく、

ソラニンが発生してしまうといわれています。

 

さらに日に当たることでじゃがいも自体が

緑色に変化してしまう性質もあるため

6~10℃前後の場所でかごやポリ袋に入れ

通気性の良い暗い場所で保存すると安全に日持ちします。

 

またエチレンという植物ホルモンには

じゃがいもの成長を抑える働きがあります。

 

身近な食べ物だと、りんごがエチレンガスを多く発生させるので

りんごとじゃがいもを一緒に保管することによって

芽が出るのを抑え、結果長く日持ちさせることが出来ます。

 

これらの目安は「皮付きの購入したて」の状態の場合です。

 

皮をむいたり調理用に切ってしまってあるものは

ラップをまいて冷蔵庫で保管したとしても

1週間以内に食べきるようにしましょう。

 

 

・ゆでたモノの場合

ゆでた場合もあまり長持ちしません。

 

カット済みのじゃがいも同様にラップをまいておき

冷蔵庫で2、3日中に食べきるようにしてください。

 

 

・調理して保管する場合

じゃがいもの主成分はでんぷんです。

そのため雑菌が繁殖しやすくあまり日持ちしません。

 

また常温保管もいたみやすくなるため

料理が冷めたらすぐに冷蔵庫に入れることがベストです。

 

ポテトサラダのようなものは冷蔵庫に保管しながら

1、2日程度で食べきるようにして

煮物のような料理は毎日火入れをして

加熱殺菌もしながら2、3日程度で

食べきれるようにしましょう。

 

日を分けて食べる場合は食べきる量を小分けにして

保管するか、雑菌が繁殖しないように取り分けの時に

新しい箸やスプーンを使ってください。

 

 

・冷凍保存の場合

冷凍する場合はおおよそひと月程度が保存できる目安です。

 

まるごと冷凍しても、調理サイズに切り分けたものでも

どちらも差がなく保存することができます。

 

ただし、一度冷凍すると触感などが悪くなってしまいます。

 

触感が気にならない

ポテトサラダやマッシュ状にする料理であれば

おいしく食べることができます。

 

 

・長期保存する場合

じゃがいもはうまく保管することができれば

数か月単位で保管することも可能です。

 

方法は生のじゃがいもを保管する場合でお伝えした

条件すべてを整えた状態、といった感じです。

 

じゃがいもについている土をある程度はらい、

新聞紙で内側を保護した段ボール箱や袋の中に入れます。

 

その中に、詰めすぎないようにじゃがいもを入れ

新聞紙数枚をじゃがいもにかぶせる様に覆います。

 

最後に密閉にならない程度に軽くふたをして

冷蔵庫の野菜室か3~8度くらいの冷暗所に置けばOKです。

 

夏場と冬場で温度が変わってきますので

倉庫や納戸などで行う場合は温度調整に注意してください。

 

また、ほどよい湿度と0℃以下にならないことで

腐敗を防ぐだけではなく触感なども守れます。

 

箱買いしたときなどは試してみてくださいね。

 

 鮮度の良いモノの見分け方

  

一番おいしく食べられるのは

旬の時期のじゃがいもです。

 

よく春先になるとスーパーなどで「新じゃが」という

言葉を目にするのではないでしょうか。

じゃがいもの旬は5~7月ごろです。

 

この時期のじゃがいもは皮も薄くそのまま食べられます。

また水分量も多く、まさに旬ならではの美味しさです。

 

また、新じゃがいも以外のじゃがいもは

下記のポイントを押さえて選ぶと

よりおいしいじゃがいもに出会えると思います。

 

  • ずっしりと重みがあるもの
  • 丸みがあり、皮にハリがあるもの
  • 中に空洞がある場合があるため、大きすぎないもの
  • 皮が薄いもの
  • 芽が出ていたりキズのないもの

 

とくにバラ売りのものは乾燥している場合が多いです。

 

ハリのあるもの、傷の無いものをよく見て

選ぶことをオススメします。

 

 他に中毒の危険がある食べ物とは?

 

 ではじゃがいもの他にも身近な食品で

食中毒に注意するべき食べ物はどういったものがあるのでしょうか?

 

 

サバやアジなどの魚介類

 魚介類を食べて、激しい腹痛を起こしてしまった場合、

アニキサスという寄生虫が原因のことがあります。

 

アニキサスは赤身魚によくいる寄生虫です。

 

サバ、アジ、カツオなどを生で食べる際は注意が必要です。

 

アニキサスは肉眼でも見える寄生虫で、

魚の表面にトグロを巻いて付いていることがあります。

 

その際は箸やピンセットで取り除きましょう。

 

生食用でないものは加熱することが大切です。

 

70℃以上また60℃で1分以上の加熱でアニキサスは死にます。

 

サバやアジなどを刺身で食べる際は、必ず生食用を

加熱して食べる際は、中心までしっかり火を通して食べましょう。

  

カキなどの二枚貝

 カキなどの二枚貝を食べる際は、

ノロウイルスに気をつけなければなりません。

 

ノロウイルスは感染力が強く、施設や学校などでは

集団食中毒の原因となることで有名です。

 

 特に高齢者や小さいお子さんなど免疫力の低い方は、

重度の症状が出てしまい、最悪死に至るケースもあります。

 

 症状は、噴出するような嘔吐や下痢、発熱などです。

 

ノロウイルスを防ぐためには、調理前の手洗いの徹底

85℃~90℃で90秒以上加熱することが大切です。

 

もし、ノロウイルスに感染した家族が出てしまった場合は、

感染者が使用したトイレや嘔吐場所の消毒を徹底することが必要です。

  

卵や鶏肉、豚肉

卵や鶏肉などで起こる食中毒は、

サルモネラ菌という病原菌が原因で起こります。

 

サルモネラ菌は鶏卵や鶏肉などに潜んでおり

少量でも食中毒になる可能性があります。

 

症状は腹痛、下痢、発熱などです。

 

熱には弱いため、75℃以上で

1分以上加熱することによって死滅します。

 

卵の賞味期限が切れたものは、菌が増殖しやすいため

生食は避け、しっかり加熱して食べた方が良いでしょう。

 

明らかに腐敗がしているものは食べないでください。

また、鶏肉や豚肉はカンピロバクターに注意する必要があります。

 

カンピロバクターは鶏肉、豚肉、牛肉などの食肉で

よく起こる食中毒です。

 

レバ刺しやユッケなどで、肉を生で食べた際に

起こることで有名です。

 

こちらもしっかり加熱することで菌は死滅します。

 

ただ、焼き肉などで生肉を触った箸や手で他の食材を

触ってしまうことで菌が移ってしまう可能性があります。

 

そのため、生肉用の箸や皿を別で用意すること、

生肉を触ってしまった場合は、手を洗うことが必要です。

 

 

日本人は刺身や卵かけご飯など生ものを食べる文化がありますが、

生食の際は食中毒には十分気を付けなければいけませんね。

 

調理前後の手洗い・消毒や加熱処理で食中毒は防げますので、

徹底した管理を行いましょう。

 

また、生食用でも鮮度の落ちてしまった場合は、

加熱用として食べる選択も必要ですね。 

 

 

まとめ

f:id:shinchaso0226:20210220111722j:plain



 

じゃがいもを食べて喉がヒリヒリするのは、

じゃがいもに含まれるソラニンという物質が

原因ということがわかりました。

 

これは皮や芽、変色部位を取り除くことで防げるので、

じゃがいもを食べる際は注意しましょう。

 

他にも生魚や貝、卵、食肉など食中毒に

注意しなければいけない食べ物が色々ありますね。

 

これらはよく加熱することで食中毒を防ぐことができます。

 

もし、食中毒を引き起こし、嘔吐や下痢など症状が出たら

すぐさま病院に行きましょう。