アマゾン最強の動物はなに?意外な結果とは?

スポンサードリンク

南米大陸にある「アマゾン」といえば世界最大の熱帯雨林です。

アマゾン川で1番有名な危険動物なものは「ピラニア」でしょう。

言わずもがな鋭いキバを持ち、ガブガブ噛みつく肉食的な魚です。

 

ではアマゾンで最強なのか?そんなことありません!!

アマゾン全域でいうと、最強の座は「ジャガー」でしょう。

 

アマゾンに生息する他の動物の危険生物たちを

一挙ご紹介いたします。どうぞ、ご覧ください。

 

 

アマゾンに暮らす動物たちにはどんなものがいる?

 

f:id:shinchaso0226:20210209130108j:plain

 

アマゾンは川で有名ながら、当然ですが森もあります。

調べたところ、さまざまな危険生物がいますが、

いろんな生き物を危険なランキングでご紹介します。

 

 

第1位「ジャガー」 ➡ 南米最大サイズの「ネコ科」

 

「アマゾン最強の捕食者」の称号を有しており、

名前の由来もインディアンの言葉で「一突きで殺す物」です。

 

狩りも得意中の得意で、物音たてずこっそり忍び寄って

地上だけでなく、木の上だろうが水中だろうが

夜行性と足の速さを利用し、野生の生き物や家畜を襲います。

 

哺乳類以外でも水中の魚やヘビ・小型なワニでも捕食対象。

 

その強靭なアゴの力は、クロカイマンの頭やカメの甲羅を

噛み千切るほどだという、、、恐ろしい力です。。。

 

 

第2位「クロカイマン」 ➡ 世界最大の「肉食アリゲーター

 

大きいもので体長6m~7mもあり、川に潜んでます。

 

近づけば、どんな獲物でも襲い掛かります。

 

イノシシやサルなど天敵でもあるピラニア・アナコンダでも

強力なアゴとキバで噛みつかれればジ・エンドです。

 

 

第3位「オオアナコンダ」 ➡ 水の中に潜む「人食いヘビ」

 

ホラー映画でも登場するほどの世界最大サイズのヘビであり、

大きいものは体長10m体重200kgを超えるものもいます。

 

小型のジャガーやイノシシ・人間でも地上の生き物ならなんでも

圧倒的な力と長い胴体で獲物を巻き付け、水中に引きずり込む。

 

窒息させたら後は丸飲みという危険な生き物です。

 

 

第4位「ボアコンストリクター」 ➡ 木の上に潜む「巨大ヘビ」

 

水中ではオオアナコンダの恐怖があり、

こちらは木の上での危険なヘビとして潜んでいます。

 

体長5mなのでオオアナコンダに比べれば小さく思いますが、

成人男性の約3人分の大きさなのでかなり大型です。

 

胴体で巻き付ける力が、非常に強く獲物を締め上げて殺します。

 

大きなキバでの噛みつき攻撃もあるので捕まったら最後です。

 

 

第5位「オオメジロザメ」 ➡ 川にも出没する「攻撃的なサメ」

 

サメといえば海の生き物ですが、

このサメはなんと淡水でも生きることができるので、

度々、アマゾン川にも出没してきます。

 

気性も荒く、縄張り意識が強いので近づくと襲ってきます。

 

サメの中でも最も危険ではないかと言われるほど危険です。

 

 

第6位「カンディル」 ➡ 血液も吸い取る「小さなギャング」

 

小さい魚(ナマズの仲間)でもありながら肉食で、

アマゾンではピラニアよりも危険で有名な魚です。

 

アンモニアの臭いで近づいてきて穴という穴から侵入し、

獲物の体内から肉を食いちぎる習性があります。

 

哺乳類は、その痛みで死に至ることも多いとのことです。

 

 

第7位「クロドクシボグモ」 ➡ 超危険な「猛毒グモ」

 

かなり攻撃的な性格であり、非常に凶悪なその毒は

ギネス世界記録で「世界一の猛毒を有する生き物」として

認定されるほどだという。クモ1匹で人間30人程度を

殺せるほどに毒量で、数十分で亡くなる即効性もあります。

 

 

第8位「ヤドクカエル」 ➡ 色鮮やかな「殺人毒カエル」

 

成人男性でも触ったら、簡単に死んでしまうリスクがある。

 

それほどのすさまじい毒を有している超危険なカエルです。

 

その中でも「ゴールデンポイズンダートフロッグ」に至っては

人間なら20人分、ネズミなら10000匹を殺せる毒があるので

アマゾンでカエルを見つけたら、すぐさま逃げましょう。

 

 

第9位「ピラニア」 ➡ 群れで襲う「人食い魚」

 

実はそれほど人間を襲うことは少ないながら、

その中でも「ピラニア・ピラヤ」の体長は50cm体重6kgにもなり

血の臭いなどで興奮すると、ものすごい勢いで襲ってきます。

 

どんな生き物でも、数に襲いかかられるとイチコロです。

 

 

第10位「マツゲハブ」 ➡ チャーミングな「毒ヘビ」

 

目の上に突起が「まつ毛」にも見えることから名前のついたヘビ。

 

ついに出てきました毒をもつヘビ「マツゲハブ」は

ガブリと噛みつかれれば、一口でもコロッと死に至ります。

 

沖縄に生息するハブの数倍の毒があるので、

美しい外見だからと言って、近づかないようにしましょう。

 

 

第11位「デンキウナギ」 ➡ 600V~800Vの「痺れるウナギ」

 

周りの生き物を、自ら帯電した電気でバリバリ痺れさせる。

 

その電気ショックで、獲物を捕食する特殊な魚です。

 

人間もその被害に合うこともあり、

麻痺してそのまま溺れてしまうほどなので怖い魚です。

 

 

第12位「ペルビアンジャイアントオオムカデ」 ➡ 何でも食べる「ムカデ」

 

体長20~40cmほどまで大きくなるこのムカデの

キバの威力はプラスチックも砕くほどの破壊力です。

 

相手の方が大きくても関係なく襲いかかってくるので、

獲物はトカゲ・カエル・ネズミやヘビ、そして人間でも

噛みつくと同時に毒を使用し、そのまま捕食してします。

 

 

第13位「ナミチスイコウモリ」 ➡ 夜中の恐怖「吸血コウモリ」

 

このナミチスイコウモリの餌は「血」だけです。

 

一般的には、牛や豚などの家畜の血を吸いますが

人間の血でも吸ってくるので、伝染病の危険があります。

 

 

 

 

独自の情報によるランキングでもありますが、

ジャガー」と「クロカイマン」の2つが最強候補でしょう。

 

意外に「ピラニア」は他に比べると弱い方だったんですね。

 

 

【おまけ】

 

番外編「ハマダラカ」 ➡ 史上最多殺人の「蚊」

 

アマゾン最強とは別ですが、人類史上最も危険な生物は

この「ハマダラカ」はマラリヤを媒介する蚊であり、

毎年2億人がマラリヤに感染し、400万人が亡くなります。

 

血液での感染症として、今までの生物で1番人間の敵です。

 

 

たくさんの動物を紹介いたしましたが、

なぜこんなにも危険で強い動物がばかりなのか。

これから、ご説明させていただきます。

 

 

なぜアマゾンに住む動物は強いものが多いのか?

 

f:id:shinchaso0226:20210209130136j:plain

 

危険な動物がたくさんですが、当然ほかにも動物も住んでいます。

川以外にも湖沼から草地、山岳の森林から低地の森林があり、

その多種多様な環境から、数えきれない程の動物が生息しています。

 

いわば、そんな多くの生物がいる環境だからこそ

大きくて強い、毒があり強い、キバがあり強いなど

「弱肉強食」の世界であり、より強い動物が

生き残ってきた結果が今のアマゾンになったといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210209130147j:plain

 

1999年~2009年の10年の間で600種類ほどの新種の動物と

600種類ほどの新種の植物が発見される秘境「アマゾン」には

まだまだ紹介できていない危険な生物もたくさんいるでしょう。

 

もし危険が盛りだくさんのアマゾンに行くならば、

相当の覚悟が情報が必要になってくるでしょう。

 

アフリカにも最強の動物もいますし、

各地の最強動物はなんだろう?と

調べてみると、意外な結果で楽しめる事もできますよ。