わが子に教わる”おやこ”の関係

日々の生活に役立つ情報をご紹介します

タトゥーを入れて後悔している人の理由は?

スポンサードリンク

タトゥーを入れて後悔する大きな要因は、タトゥーを1度入れると完全に消すことが難しいためです。

 

タトゥーを入れることによって、就活で非常に不利になります。タトゥーを入れている人の入社を拒む会社が多く、就職先が見つからない可能性が高いです。

 

仮に、タトゥーを隠して入社したとしても、職場や取引先にばれてしまった際にはこれまでの信頼関係を壊してしまう可能性もあります。

 

タトゥーを理由に退職を余儀なくされたという例も珍しくありません。

 

また、恋人との結婚を考えた際に、相手の親御さんに不信感を与える可能性も大きいです。

 

日本では、タトゥーを入れている人の入場を禁止している銭湯やプールも多く、さらに、冠婚葬祭等でもタトゥーを隠すのがマナーになっています。

 

このように、タトゥーを入れることによって、普通の日常生活が送れなくなるといったデメリットがあるため後悔している人が多くなっています。

 

さらに、今回の記事では、日本ではなぜタトゥーの印象が悪いのか、タトゥーを消す方法についても紹介いたします。

 

 

タトゥーはなぜ印象が悪いのか?

 

f:id:shinchaso0226:20210112084238j:plain

 

ファッションの一環で軽い気持ちでタトゥーを入れる若者も多いですが、周りの人がタトゥーにどのような印象を持っているかも考慮する必要があります。

 

日本人には、タトゥーを入れている人は反社会的勢力に所属しているというイメージを持っている人も多いです。

 

日本でタトゥーが許容されたのは最近の話で、それまでタトゥーは暴力的、罪人、反社会的勢力の象徴でした。

 

また、タトゥーを入れている人に対して、気性が荒い、常識がない等、ネガティブな印象を持っている人も多いです。

 

日本で生きていく上で、タトゥーが入っていることでできなくなることも多いので、計画性がない人だと思われてしまう可能性もあります。

 

海外では多くの人がタトゥーを入れていますが、日本ではまだタトゥー文化は浸透していません。

 

タトゥーを検討している人は、多くのデメリットがあることをよく考慮することをおすすめします。

 

 

タトゥーを消す方法は?

 

f:id:shinchaso0226:20210112084230j:plain

 

一度タトゥーを入れてしまった場合は、完全に元通りにすることは難しいです。

 

病院で施術を受けることでタトゥーを消すことはできますが、火傷のような傷痕が皮膚に残る可能性が高いです。

 

タトゥーを施術の種類としては、レーザー治療や切除法、植皮法等があります。

 

タトゥー除去施術にかかる費用は、レーザー治療で10万円程度、切除法で30~40万円程度、植皮法は1平方センチメートルで1.5万円程度となっています。

 

タトゥーのサイズやデザイン次第では、完全にタトゥーを消し去ることもできますが、施術費用はとても高額になります。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20210112084221j:plain

 

タトゥーを入れることで、就活で不利になり仕事に就くことが難しくなります。

 

仮に、タトゥーを隠して入社したとしても、職場や取引先にばれてしまった際にはこれまでの信頼関係を壊れてしまい、退職を余儀なくされることも珍しくありません。

 

また、恋人との結婚を考えた際に、相手の親御さんに不信感を与える可能性も大きいです。

 

日本では、タトゥーを入れている人の入場を禁止している銭湯やプールも多いです。

一般の人ができることをタトゥーが原因でできないというケースが多いため、後悔している人が多いです。

 

日本ではタトゥーの印象が悪いですが、主な理由は、タトゥー=反社会勢力と考えている人が多いからです。

 

日本でタトゥーが許容され始めたのは最近の話で、それまでタトゥーは暴力、罪人、反社会的勢力の象徴でした。

 

また、タトゥーを入れている人に対して、気性が荒い、常識がない等、ネガティブな印象を持っている人も多いです。

 

病院での施術によってタトゥーを消すことができますが、多くの場合、火傷のような傷跡が残ってしまいます。

 

タトゥーを検討している人は、多くのデメリットがあることを認識して、慎重に考えることをおすすめします。