教科書のデジタル化によるデメリットはある?

スポンサードリンク

 

2019年の学校教育法改正により、全国の小中高校で

デジタル教科書の使用が可能になりました。

 

2020年12月現在では、デジタル教科書の使用は

授業時間の2分の1以下という制限が設けられて

います。

 

しかし、日本政府はこの制限を撤廃する方針を固め、

今後のデジタル教科書普及を目指しています。

 

デジタル教科書導入のデメリットとして考えられて

いるのは、主に学校の管理コストの増加です。

 

デジタル教科書は、日々のメンテナンスやソフトの

アップデートなど、紙の教科書と比較すると多くの

管理業務が必要になります。

 

デジタル教科書の運用については、専門的な知識や

技術も必要になるので、教師の業務負担も増える

ことになります。

 

また、小中学校の紙の教科書が無償提供なのに対して

デジタル教科書は有償なので、家庭により格差が

生じてしまいます。

 

今回の記事では、さらにデジタル教科書導入の理由

と教科書のデジタル化によるメリットについても

さらに踏み込んで解説していきます。

 

 

教科書をデジタル化する理由は?

 

f:id:shinchaso0226:20201225093503j:plain

 

2019年に政府は、教育のデジタル化を推進するために

教科書のデジタル化を導入しました。

 

学校教育法が改正されたことにより、授業時間の

2分の1以下の時間でデジタル教科書の利用が

可能になりました。

 

教科書のデジタル化の理由としては、これからの

時代に必要な主体的・対話的・深い学びを目指す

ということが挙げられています。

 

新学習指導要領では、アクティブラーニングや

ディープラーニング、ICT教育などが推奨されて

おり、これを実現するための手段として教科書の

デジタル化を推進しています。

 

しかし、実際の導入に関しては、教育委員会や学校

の判断に委ねられており、小中学校におけるデジタル

教科書の普及率は1割未満という現状です。

 

背景としては、デジタル教科書が有償であること、

デジタル教科書を運用して授業を行える教師の

不足などが挙げられています。

 

 

教科書のデジタル化によるメリットもある?

 

f:id:shinchaso0226:20201225093517j:plain

 

ここまでは、教科書のデジタル化によるデメリットと

導入の理由について紹介していきましたが、ここから

教科書のデジタル化によるメリットについても紹介

していきます。

 

教科書のデジタル化によるメリットとしては、主に

以下のような点が挙げられています。

 

デジタル教科書では文字の色の変更や拡大ができ、

音声での読み上げ機能なども搭載しているので、

学習障害をもつ生徒が利用しやすくなっています。

 

実際、デジタル教科書の一般利用については、授業時間

の2分の1以下という制限が設けられていますが、

学習障害のある生徒にはすべての教科での使用が

認められています。

 

  • 学習の幅が広がる

デジタル教科書には様々な機能が搭載されているため

従来の授業のような一方向の教育ではなく、主体的な

学習や対話的な授業への移行が期待されています。

 

  • 通学時の負担軽減

紙の教科書の場合、教科毎に教科書を持ち運ぶ必要が

ありますが、教科書をデジタル化することで、端末のみ

のもち運びとなるので、特に小学生低学年の通学時の

負担が大幅に軽減されます。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201225093529j:plain

 

2019年の学校教育法改正で教科書のデジタル化が

導入されましたが、デジタル教科書は、日々の

メンテナンスやソフトのアップデート等の管理コスト

の増加がデメリットとして挙げられています。

 

また、デジタル教科書を利用した授業ができる教師

の不足、デジタル教科書が有償であることから、

普及が進んでいないのが現状です。

 

教科書のデジタル化の理由としては、これからの

時代に必要な主体的・対話的・深い学びを目指す

ということが挙げられています。

 

新学習指導要領では、アクティブラーニングや

ディープラーニング、ICT教育などが推奨されて

おり、これを実現するための手段として教科書の

デジタル化を推進しています。

 

教科書のデジタル化によるメリットについては、

学習障害のある生徒への活用や、学習の幅が広がる、

通学時の負担軽減などが挙げられています。

 

政府は、現状のデジタル教科書使用制限の撤廃や

教材の無償提供を行う方針を固めました。

今後さらに教科書のデジタル化が進んでいくことが

予想されます。

 

今後、各学校や教育委員会の動向に注目が集まる

でしょう。