あなたの買った洋服の売れ残りの行くへは?大量生産の売れ残りはどうなるの?

スポンサードリンク

 

年間約15億点とも言われている日本の洋服売れ残り。

その多くがゴミとして捨てられ燃やされているのを

ご存知ですか?

新品、ブランド品にも関わらず焼却処分となり

一度も人の手に渡ることのない洋服が全体の約50%

にもなると言われています。

 

その原因としてまずはアパレル業界の予測が難しいこと

が挙げられます。

 

「これが流行るかも」と流行を先読みして先のシーズンの

洋服を作りますが、それが必ずしもヒットするとは限り

ません。

 

中には大当たりで売り切れ続出なんてこともあるとは

思いますが、そうとは限りませんよね。

 

こればっかりは、いくらAIが進化し予測ができるように

なったとしても、気温や影響力のある有名人など

いくらでも予測を裏切る材料があるでしょう。

 

そしてもう1つ、注目したいのは「洋服の鮮度」です。

一般的に洋服は、3ヶ月で30%、半年で50%、1年後には90%

まで商品価値が下がると言われているそうです。

 

1シーズン待たずに焼却処分される理由がここにも

ありそうですね。

 

ではなぜ大量に処分される一方で大量生産を

続けるのでしょうか?

解説していきます!


なぜ多くの服が捨てられるのに、少量生産で安く販売されないの?

f:id:shinchaso0226:20201104100456j:plain

 

大量廃棄を前提としたアパレル業界の現状の生産システム

の理由は2つあります。

1つは、量を作ることで1着あたりの価格を抑えるため

です。

もう1つは、私たち消費者が洋服にお金をかけることへ

価値を感じなくなったからです。

 

今やユニクロZARAH&Mといった「ファストファッション

は私たちの生活に深く根付いていますよね。1着あたり

の価格が驚きほど安いことは周知の事実です。

アパレル業界が価格競争を繰り返した結果でしょう。

 

同じものを大量に生産することで、1着あたりを安くする

消費者としてはありがいことですが、結果大量生産、

大量廃棄のループから抜け出すことはできません。

 

また、消費者にも大きな変化が訪れました。

ファストファッションの台頭により、洋服にお金をかける

必要がなくなりました。

 

1シーズンはもちろん、1、2回着て処分するような洋服

の選び方もできるようになりましたよね。

 

洋服にお金をかけるなら、趣味や娯楽に使いたいという

若者も増えています。

 

お金をかけずに、安い洋服(ファストファッション)で

楽しみたい。

そうした消費者の気持ちの変化も、大量生産、大量廃棄を

生み出している原因と言えるでしょう。

 

 
本当に必要な服を安く手に入れるためには?

 

f:id:shinchaso0226:20201104100521j:plain

 

大量廃棄を見直す中で、私たち消費者にとって最高に

嬉しいサービスが登場しています。

新品、ブランド品などを安く(80%オフのものも!)販売

する企業です。

RenammeやColorsといったサイトでは、処分されるはずだった洋服

の余剰品を、ネームタグを外して販売しています。

 

ぜひのぞいていただきたいのですが、まずその品揃えは

圧巻です。

Renameではレディースのコートだけでも170件以上ありました!

 

少し前までは、ブランド品はそのイメージを壊さない

ために値下げしたりアウトレット品にしたり、型落ちを

販売することはタブーとされていました。

 

つまり、1シーズン売れなかったものはひっそりと廃棄

されていたのです。

 

もったいない!!と思いますよね。

「どうせ捨てるなら、安くして売ってほしいな…」と

誰もが思うはず。

 

そんな気持ちを叶えてくれるのが、先ほどご紹介した

サイトのような訳あり商品の販売サイトです。

 

質の良いものがお得に買えるなんて

嬉しいですね。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201104100534j:plain

 

年間15億点にも及ぶ廃棄される洋服たち。

新品にも関わらず、ゴミとして捨てられるのは

あまりに悲しいですね。

 

「いいものを安く買いたい!」

「洋服をお得に買える方法はないの?」

 

この記事では、そんな願いを叶えてくれるサービスを

ご紹介しました。

新しい買い物の仕方として定着しそうですね。

 

そしてこのような方法で販売する場合の特徴として

「タグ切り」と言って商品タグが切られています。

タグがないと、どこのブランドのものか知る由がないですよね。

 

元のブランドやメーカーが分からないということは、

洋服本来を見ることができます。

 

洋服そのもので選ぶことができるので、

「本当に欲しいもの」を手にいれることができると思います。

 

たくさんあるバリエーションの中から、自分の価値観

だけで選んだ1着で、洋服本来の楽しみ方をしてみて

はいかがでしょうか?
なんて言っても、安いのは最大の魅力ですね!