新発売のPS5は2種類ある!?どっちを買うべきか違いを調べてみた!

スポンサードリンク

2020年11月12日にPS5(PlayStation 5)が

日本で発売されます。

選考予約も抽選でかなりの倍率になっていますね。

 

今回PS5は「通常モデル」と「デジタル・エディション」

の2種類販売されます。

 

金額は1万円の差があり、「通常モデル」から

光学ディスクドライブ(Ultra HD Blu-ray対応)を

取り除いたものが「デジタル・エディション」です。

 

また「通常モデル」はパッケージ版のソフトを

本体に差し込んでプレイすることができます。

 

一方、「デジタル・エディション」はソフトを

挿入することが出来ないので、ダウンロード版のみで

プレイすることになります。

 

大した問題ではないとは思いますが

光学ディスクドライブがない分

重量や大きさにも多少の差があるようです。

 

 

ドライブが付いていてできる事と、できないことは?

 

f:id:shinchaso0226:20201012143407p:plain

 

先にお伝えしたUltra HD Blu-rayとは

すなわち4K Ultra HDブルーレイで

映画などの映像ソフトを4Kで出力してくれるものです。

 

このプレーヤーを単独で買うと約2万円しますので

ゲームだけでなく高画質の映画も楽しみたい方には

一台で二役担うことが出来る「通常モデル」は

非常にお得ですよね。

 

「デジタル・エディション」には

光学ディスクドライブがないため

この機能はありません。

 

すでにPS4を持っていてそのソフトがパッケージ版の場合

「通常モデル」であればそのソフトを本体に

差し込むことで、PS5でアップグレード版を

楽しむことが出来るそうです。

 

PS4のパッケージ版ソフトをたくさん持っている人

にとっては、アップグレード版も楽しめるのは

とても嬉しい利点ですよね。

 

 

PS5で遊ぶなら、あるとさらにゲームが楽しいおすすめ周辺機器!

 

f:id:shinchaso0226:20201012143323j:plain

 

周辺機器はなくても遊べますが、非常にレベルアップ

したと言われるPS5の機能を存分に楽しむために

おすすめなのはヘッドセットとモニターです。

 

PS5には「Tempest 3Dオーディオ」という

素晴らしいサウンドエンジンが搭載されてあります。

 

この機能を最大限に感じるためにはヘッドセットも

高品質なものが良いでしょう。おすすめは

SONY純正 PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」です。

 

ワイヤレスはコードが邪魔にならないので

よりゲームに集中できるという長所もあります。

 

そして、PS5のすごいところはPS4で60fpsだった

リフレッシュレートが120fpsになったことです。

 

リフレッシュレートとは画面が書きかわる速度で

早ければ早いほど画面のちらつきを感じにくくなります。

 

ですが、一般的なTVは120fpsに対応していませんので

このせっかくの機能を発揮できません。

 

そこで、対応するモニターをゲームのために購入する

プレーヤーが多いようなのです。おすすめのモニターは

BenQ ゲーミングモニター 24インチ XL2411P」です。

 

もちろん120fpsに対応していますし、

ブルーライトカット機能があるので

目にかかる負担を減らせます。

長時間プレイする方には特におすすめです。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201012143307j:plain

 

夫がPS3PS4を持っていて、結婚したときに

「2つも必要ないよね?」とPS3を売ってもらいました。

 

私はゲーマーではないので

同じものにしか見えませんでしたが

新しくなる度にものすごく進化しているのですね。

 

「通常モデル」も「デジタル・エディション」も

とても人気のようなので非常に入手困難のようですが

もし夫が欲しがったら私は「デジタル・エディション」

にするように促すと思います。

 

なぜなら、我が家のTVは結構前のもので

4K対応ではないから光学ディスクドライブがあっても

活用出来ないということですよね。

 

でも、もしTVが壊れて同時に買い換えるなら

たとえ1万円高くても「通常モデル」の方が

結果的に1万円以上の価値は見出せるのかな

と思います。

 

簡単にまとめると、中古ソフトを利用したい方や

ゲームだけでなく4Kの映画も楽しみたい方は

「通常モデル」が良いのではないでしょうか。

 

逆に、少しでも初期費用を抑えたい方や

ソフトを使わず気軽に始めたい方は

「デジタル・エディション」で十分だと思います。

 

是非参考にされてみて下さい。