海外でささやかれるガソリン車の新規販売禁止!ガソリン車はいつまでも乗れるものなのか?

スポンサードリンク

 

2016年2月にノルウェーが世界で初めて2025年までに

新車の販売は全てゼロエミッション車(排出ゼロの車)

にすると発表しました。

 

すなわち、100%電気自動車になるということですね。

 

これをきっかけに、各国でも次々にこのような声明が

出されています。

 

2018年に宣言したコスタリカは世界最短の2021年には

全ての輸送車におけるガソリン車やディーゼル車の使用

を禁止すると言っています。

 

2018年に発表されて2021年とはとても急なように

感じますが、果たして本当に実行されるのでしょうか。

 

現在、約14カ国(アメリカはカリフォルニア州のみ)

がゼロエミッション化を目指すと宣言しています。

 

しかし、どの国も一気に変えるというわけではなく、

排気量の多くを占める輸送車からまず規制していく

方針のようです。

 

また、これらは新車に対しての義務化なので現時点では

ガソリン車やディーゼル車の所有自体や

中古車の販売や購入は禁止されないそうです。

 

要するに今購入した車はそのまま乗り続けることが

出来るということです。

 

 

どうして電気自動車はもっと普及しないの?

 

f:id:shinchaso0226:20201008184332j:plain

 

高速道路のサービスエリアでたまに充電されてある

電気自動車を見かけたことはありますが

日本ではまだまだ圧倒的に利用者は少ないです。

 

なかなか需要が伸びない理由は、まず車両価格が

ガソリン車やディーゼル車に比べて高いことだと

思います。

 

そして、乗っている人があまりいないというのも

あってなのか、電気自動車への信頼感が国民に

根付いていないのもありますよね。

 

まだまだ充電器の設置場所も少ないので

充電するのが大変だということも

やはりネックになっているようです。

 

私も最近新車を購入したばかりですが、

ハイブリッド車には興味はあっても

電気自動車の購入は全く頭にありませんでした。

 

ディーラーでも電気自動車に関しては

一言も案内されませんでしたので

それだけまだまだ需要がないということなのでしょう。

 

それに、電気自動車のバッテリーを空の状態から

満タンにするには、家庭の約1~2日分の電力が

必要なのだそうです。

 

それを考えると、現在の日本の電力発電量では

電気自動車の台数が数百万台にものぼると

確実に供給電力が不足します。

 

日本の車の台数はおよそ6000万台といわれているので

今の発電状況では全ての車を電気自動車にするのは

難しいというのが分かります。

 

これも、販売される電気自動車の台数が伸びない

大きな要因なのでしょう。

 

 

エコカー減税は大きい!新車購入時に補助金が出る次世代自動車も魅力的!

 

f:id:shinchaso0226:20201008184341j:plain

 

エコカー減税」という言葉をよく耳にしますが

対象となるのは、次世代自動車と排出ガス規制50%低減

を達成するガソリン車(ハイブリッド車を含む)

となります。

 

これは、新車に限りですので中古車や新古車

は該当しません。

 

エコカー減税が適用となった場合、次の車検までに

15万円程度は安くなるそうなので

利用できたら嬉しいですよね。

 

ただし、この制度は期間限定であり、

2021年4月で終了となります。

近々、対象車を新車で購入予定の方は

せっかくなら期限内の購入がおすすめです。

 

また、新車の次世代自動車を購入した場合

地方自治体によっては助成金を出している

ところもあります。

 

燃料電池自動車は20~30万円、電動自転車は5万円

が平均的な額のようです。

 

助成をおこなっていても対象は事業者のみ

という場合もありますが、個人で購入した場合も

対象としてくれている自治体もあるようです。

 

車の買い換えを検討中の方は

是非こちらもあわせて調べてみて下さい。

 

 

まとめ

 

f:id:shinchaso0226:20201008184349j:plain

 

世界で問題視されている車の排出ガスによる

地球温暖化や大気汚染は、日本においても

重大な問題です。

 

補助金を出す自治体があることからもわかるように

日本も少しずつ次世代自動車を主流にしていきたいと

考えていると思います。

 

しかし、現時点ではまだ日本では

禁止の動きはありません。

 

世界的に見ても、「2025年に全てのガソリン車、

ディーゼル車の販売を中止にする」と宣言している

ノルウェーが普通乗用車の規制に関しては最短です。

 

それでも、その時点で所有しているものに関しては

禁止ではないのでそのまま使用できます。

 

よって、ここ数年内に購入を考えているのであれば

希望する車がガソリン車、ディーゼル車であっても

ためらうことはないと思います。