土用の丑の日のごちそう”うなぎ”!今年は値段が据え置きに?

スポンサードリンク


突然ですが朗報です!

2020年は、”日本うなぎ”の値段が安くなる

可能性があるそうです!

 

日本うなぎの稚魚である、”シラスウナギ

この稚魚の漁での採捕量や

1キロ当たりの取引価格などで決まります

 

水産庁のデータをもとに以下にまとめました。

 

 

【2020年・稚魚の採捕量が豊漁!】

・採捕量 17.1トン→前年の4.6倍に急増⤴

(前年は、過去最低の 3.7トンでした

 

【稚魚1キロ当たりの平均取引価格が  2018年の半値以下!】

・平均取引価格 1キロ当たりが144万円

(2018年は過去最高の、1キロ当たり299万円で、

 2020年は34.2%下がりました)

 

【稚魚の池入れ量の増加】※

・20.1トン→前年の32.2%増加⤴

※池入れ量とは、養殖業者さんが稚魚を

池で育てて出荷するそうなのですが、

2020年は池がいっぱいになったそうです!

 

【国外からの輸入量も減った】

・3.0トン→前年は11.5トンの輸入

 

つまり、、、

稚魚が沢山とれて、養殖業者さんが安く

仕入れて育てることができたからなのですね。

成魚ではなく、稚魚ありき!なのです。

 

 

生態がまだまだ謎に包まれているウナギ、漁獲量が影響している?

 f:id:shinchaso0226:20200714100407j:plain

今までに、生態調査の取り組みがあったり

したそうなのですが、今も生態が謎に

包まれているウナギ。

 

1963年以後、乱獲や海洋環境、生息環境の

悪化などにより漁獲量が減少してしまったそうです。

 

ご存じかもしれませんが、

現在、日本うなぎは絶滅危惧種に指定され、

密漁などを防止するため、水産庁の許可が

必要です。

 

また、国内の池入れ量(養殖量)の

上限も21.7トンまでと定められています。

 

2020年は、うなぎの主産地である

静岡・愛知・宮崎・鹿児島などの

7県でも稚魚が豊漁で、1キロ当たりの

取引価格が30万円まで大幅に下がったそうです!

 

ただ、なぜ豊漁だったのか、はっきりした

理由は分からないそうですが、、、

 

水産庁から予定より1ヶ月も早く

国内全域では初の!漁終了の要請があった

そうですので、やはり凄いことですよね!

 

 

本格的なあつい夏が来る前にうなぎを食べよう!

 f:id:shinchaso0226:20200714100404j:plain

さて、気になる2020年の土用の丑の日は?

近日では、7月21日と8月2日です!

 

また、うれしいことに夏場には昨年より

値下がりするそうですので、土用の丑の日には

安くて美味しいうなぎのかば焼きが食べれそうですね!

 

ちなみに栄養価についてですが、

うなぎはスタミナ満点!しかもヘルシー!

滋養強壮や夏バテ予防にもなると古くから

言われてきました。

 

中でもビタミンが豊富で、ビタミンA,B1,B2,D,E,

DHA,EPAや、女性にうれしいコラーゲン、ミネラル

などが含まれています。

 

ビタミンAは、チーズの約4倍、たまごの約6倍、

ビタミンB1は、ほうれん草の約10倍で、

疲労回復効果もあります。

 

まさに、身体もうなぎのぼりに^^

うなぎを食べて元気に夏を過ごしたいですね!

 

 

まとめ

f:id:shinchaso0226:20200714100402j:plain


土用の丑の日はうなぎ!

私も今年は、予約をしてでも食べたく

なってきました^^

 

毎年、稚魚の漁獲量が変わってくるので

このチャンスに、安くて美味しいうなぎを

味わいたいものです。

 

もしかしたら、土用の丑の日には

近くのスーパーも混雑するかも!?

 

インターネットで、うなぎのかば焼きの

販売もされているみたいですので、

送料などが気にならなければ、

利用してみても良いですね。

 

それでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました!